RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。甘系、加圧系もあり。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    Facebook始めました
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。

    あと…どなたか
    履歴の折り畳み方教えて~
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08
17
Category : life
この夏の北海道の秋まき麦の刈り取りは、
7月末の「全日本十勝ママチャリレース」(出たのは家族)のころから始まっていましたが
先週末の雨の前まででかなり終わったようですね。
そして雨が上がった翌日から、風が涼しくなりました。
日差しは熱いのに、陰になると二の腕がすうっと冷たい、この感じ。
きっぱりと始まる、北海道の秋です。
(暑さ上等な私は、この時期ちょっとメランコリックです…)

上半期不義理しております皆様と、
お世話になった皆様へ愛を込めて、2008年ベランダメシ大賞をお届けします↓
terrace2008.jpg
プチトマトのみ自家製で、
あとはお友達とそのご家族の菜園からのいただきもの。いいね~札幌。
去年のプルーン果汁がお酢になったので、ちょっと甘くして飲んでます(笑)
パンは卵サンドの不滅の相棒、両手に余る「ブルクライヤー」。塊で買うべし。
スポンサーサイト
2008.02
04
Category : life
IMGP0234.jpg

ついに除雪でできた山が、背を越しました。
仕事出がけに急いで寄った「クスクスオーブン+ホッパーズ」。
大雪の土曜日だったので誰もいないかと思ったら、後から後からお客さんが…
お菓子も焼く焼く! どうしてこんな日に忙しいのか不思議だが、
そういうことを余り気にせず? しっかりお菓子が並んでいるのも不思議。

午後に行ったマクロ系ごはんカフェ「青い空 流れる雲」も、入った後ほぼ満席に。
窓の外で通りがかりの車が雪に埋まり、富永さんとお店スタッフが助けるという
心温まる景色?を手を振って応援しながら、おいしい玄米定食。

大雪で車が出せなかったMちゃんも、円山ローカルの冬慣れっぷりに驚いていました。
東京じゃまるで天災のように扱われる雪も、札幌では毎年来るお客さんのようなもの。
冬の雪は、たぶん来夏の水。ソックスは絹とウールの重ね履き。(快適です)
IMGP0236.jpg
2008.01
29
Category : life
…って覚えてますか(ホントに一休さんが解いたの? ホント?? )
はしより中間ぐらいがいいフカエです。

ところで、私はコンビニ弁当のお箸が苦手です。ふにゃふにゃして貧弱。
ご近所にCVSがないので、文句を言うほどではないけど。
「マイ箸クラブ」は、「普段はマイ箸、お正月は国産の杉箸などを」とやや煮え切らないが、
94%の割箸は中国産だと教わった。 考えるきっかけ、なのね?

そういえば、寿司屋のおかみさんが「道産の割箸を使ってます」と話していた。
なんでも、道産の間伐材や端材を生かす割箸工場が下川町にあるのだそう。
マイ箸として売られるものに、由来のわからないものが多いのは残念、とも。

先日も我が家に来る子どもたちに
「木が二酸化炭素を吸うには、枝の間引きとか、お世話が大事なのだ」
という話をしたところだったので、おかみさんの話はわかる気がした。
「べき論」じゃなくて実践する人だから、説得力があるね。

道産材の箸メーカーの紹介は、おかみさんのブログに↓
http://ichii445.blog42.fc2.com/blog-entry-788.html

マイ箸クラブHP内「お箸の話」↓
http://mother-earth.jp/myhashi/hashi.html

…で、マイ箸と割箸、どっちが環境にやさしいのか?

な~んて私は考えたことがない、ユル人間です m(._.*)m
怪しい割箸しかない時はマイ箸がいいし、
道産割箸があれば、マイ箸をしまってでも使いたいな。
間伐材に少しでも値が付き、森の整備にお金が循環していく(願わくば!)ように。

マイ箸は、輸入材の割箸にNOをいうための知恵。
国産割箸は、家庭より大量に使う飲食店に知らせたい知恵。

<まとめ>
マイ箸派の友人と国産割箸派の友人を招く日は、フォークにしよう。(笑)
そして下川から自家用のを買ってみるか…。パシッと気持ちいい舌触りだといいな。



2008.01
26
Category : life
DSCN0008.jpg

かなり黒いですか? 清原さんみたい?  by 中田選手(笑)

…じゃなくて、いつものてんさい糖がなくてきび砂糖を使ったジェノワーズでした。
砂糖の色は余り違わないけれど、結晶が大きかったので、キメが粗くて黒ずんで見える。
家族に食べさせる時はサイドを塗らないで、ポンシュだけはたっぷり。
ろうそくが増えて、段々乗りにくくなってきますね(悲)

過日、某女子と昔のレシピ本をゴソゴソ掘り返していて
突然よみがえった 「Babington's」 のレモンビスケット。
しかし最近は 食べたい < 作りたい/匂いを嗅ぎたい
むしろ誰かが食べるのを見たい。(こりゃまずい、変態ぽい…)

イギリスの偏屈な食いしん坊のたわごとに、
「宅ではいい匂いをさせるため、それだけのためにジャムを煮ております。
いやホントの話…、極上の匂いを楽しみ、後は捨てるのですよ。」
と、とんでもなく嘘っぽいウンチクを客に語るくだりがあったな。

ほらふき男爵!?

週末も、宿題三昧です。
2008.01
04
Category : life
IMGP0149.jpg
いつもどおり、カシワの入ったおすましに角餅。
東京人のみなさんと大きく違わなくてスミマセン。
「北海道だからイクラののったお雑煮?」というわけではなくて、
出身地によってバラバラのようです。

この手の伝説?は説明が面倒なので受け流していました。
スキーが下手だと必要以上に理由を聞かれたり…。あるある。
逆手にとって、「実家はクマ牧場」というホラで都民を驚かせてましたσ(^_^;)

閑話休題。
イチゴを頂いて、半年ぶりに食べました。
ここ数年、地元にいる時は夏しか食べないのが苺とトマト。

おせちは「アンの店」の素材を使った「とらや」製。
函館では「若松」などの旅館のおせち。それよりも、今年のは全体に甘辛いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。