RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。甘系、加圧系もあり。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    Facebook始めました
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。

    あと…どなたか
    履歴の折り畳み方教えて~
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.05
24
Category : つながり
「料理なのに学会? 食事会の間違い? それとも料理教室?」
これが、函館学会の実行委員へのFAQナンバーワンだ。料理学会とは、プロのコックの世界のトレンドで、「言葉でシェアする食のお祭り」だ。シェフたちは肉を焼いて見せる代わりにマイクを持ち、「なぜこんなふうに火を入れたのか」「それで何を表現したのか」「どんな由来の食材か」を語る。いわば料理の”哲学”を交換するのだ。コックの教育プログラムとしてスペイン・バスク地方のサンセバスチャンで始まったこの「学会」は、すぐにメディアや一般のfoodies の興味を引き(”次はどんな美味が食べられるの?”)、多くの聴衆を集めるイベントに発展してきた。

「スターシェフが出演するのに、なぜ東京ではないの?」
FAQの第2位はこれだ。函館の学会は、ひとりのシェフが郷里に貢献しようと立ち上げ、それは1年半に一度開催される。代表の深谷宏治(Koji Fukaya)氏は、日本のバスク料理の先達だ。機械工学部を卒業したあと放浪に出かけ、サンセバスチャンで料理を学んだ。彼の師、Louis Ilizarは、仲間とともに彼の地の料理学会を立ち上げた料理人であり教育者だ。共有と発信によって、小さな港町サンセバスチャンは、人口あたりの「星」の数で世界一になった。つまり、深谷氏は故郷の函館で、師の足跡に従おうとしているのだ。

 この学会は行政機関でなく料理関係者が運営するので、日本の組織には珍しいことに、「横並びの調整」にとらわれない。実行委員制で、街を愛する大人たちが真剣に遊ぶ、といったところだ。自然に囲まれた美しい港町で、ゲストたちは肩書きを忘れ、キャリアも世代も超えて料理を語る。農場や魚市場に行き、仕事の原点である「料理する歓び」に立ち返ることができる。地元スタッフシェフたちはインスピレーションを、生産者や流通業者はビジネスチャンスを得て、新たなネットワークが生まれる。そして私たち聴衆は、メディアで見慣れた有名シェフと直接話ができ、夜の食事会やパーティで彼らの料理を楽しめるというわけだ。

この学会がユニークなのは、回を重ねるうちに、都市と産地の間に料理人が立つ「フードコミュニティ」の機能を持ったことだ。実行委員は祭りを機に、食の分野で地域貢献しようと考えている。学会の存在が、食べる人と作る人の、「テーブルでつながるコミュニティ」を生む。この動きは小規模生産者を勇気づけ、北海道の持続性と多様性を促すだろう。この「豊かな郷里の美食」という考え方は、現在、世界じゅうの料理人が異口同音に語るテーマだ。もちろん、おいしく信頼できるものを食べ続けたいと思う人なら誰もが、この目に見えない美食コミュニティのメンバーになれる。方法は簡単。このコンセプトに賛同する人の農作物や料理を「選ぶ」ことだ。
料理学会の料理人や生産者に出会えば、楽しみながらその一歩が踏み出せる。

函館のシンボル、日本有数の美しい夜景は、小さな丘と陸が砂州でつながる地形(Tombolo)がかたちづくったもの。偶然にもそれは、サンセバスチャンの地形と同じだ。次回開催は2016年9月。日本に住む食いしん坊なら、ここで繰り広げられる熱い2日間を見逃す手はない。
スポンサーサイト
2015.10
03
Category : つながり
ずいぶんサボっていたものです。。。
その間に色々と、どえらいことが始まっております。
「世界料理学会inHAKODATE」とか、「さっぽろ美食ツーリズム」とか、「札幌広域圏小麦」とか…
そのスピンオフのようなセミナーやリアルイベントも、相当数ありました。

今日のお知らせはこちら。
街のスローフードディナー
by テッラマードレ実行委員会+さっぽろ美食ツーリズム

What? スローフードが世界的に登録する味の箱舟(Arca)のうち北海道の5品目のお料理を楽しむ、外食イベントです。
When? 2015年11月1日(日曜)〜8日(日曜)、各店休日は除きます。
How?  
2012.05
16
Category : つながり
取材が多い割に「それ何?」「実体は?」と言われることもある「さっぽろスイーツ」。
なので、報告会の数字面を書き残しますね。

■スイーツカフェ販売実績
お菓子の販売数生菓子で18万個。
「札幌圏の洋菓子のショーケース」というPRが主目的のお店なので、すべて地元の洋菓子ですね。
大通公園の大型食イベントであるオータムフェスト、ミュンヘンクリスマス市、ほかにもモーターショーなどに出店要請を受け、売上をのばしています。
店内の企画ものは「昭和のケーキフェア」など多数。
マニアックなだけに、私はかなり魅かれました(笑)

■スイーツ王国さっぽろ(事業本体)実績
2011年のグランプリ作品共通ピック&シール(これが「さっぽろスイーツ20●●」の証になります)の売上から
概算すると、生菓子と焼菓子の各グランプリの合計製造数は約16万個。
シュークリーム、とかいちごショート、といった定番品以外で、
「二品で16万個」は、たしかに売れてますね!

ピックとシールの収益は本来運営費にあてられますが、
2011年どは東日本大震災に際して一部を日本赤十字社へ寄付されました。

以上、会場よりお送りしました!

2012.02
02
Category : つながり
時間と会場の概略を、お知らせします。
どなたがどこに入るか、内容と渡航日程とお顔ぶれをにらんで、
深谷シェフはじめ実行委員のみなさんが考え中。

参加するとどんなイメージなのか少し説明しますね。

まず22日夜は、前夜祭がわりの「バル街」。歴史的町並みの中で料理人たちと肩を並べて飲みめぐる。
23日朝の1コマ目は、おそらくキーノートかコーディネーターによるパネル。
 そして夜はホテルに移動して有料ピンチョパーティ。
24日の1コマ目は前日のサマリー、最後はまとめ。
 合間にマルシェを覗くと、チーズやワイン、農畜産物の生産者がいたりする。

23,24日とも、大会場を出て小部屋を覗けば、あちこちでスモールセッションを同時開催している。
 シェフたちのブックストアもできるので、サイン貰ったり、なつき放題かも(笑)

と、こんな感じです。(たぶんです!)

symbol.jpg


【世界料理学会 in HAKODATE】大枠スケジュール--------------------------------------

4/22 14:00-24:00 函館西部地区一円
  ■ 第17回函館西部地区バル街 約60店参加(参加シェフの特別出店あり)

4/23 10:00-17:30 函館市芸術ホール(函館市五稜郭町37-8 0138-55-3521)
  ■ 料理人らによる個人プレゼンテーションほか(8セッション)
 同 18:30- 函館国際ホテル(函館市大手町5-10 0138-23-5151)
  ■ 開催記念パーティー 参加料理人のレシピによるピンチョ提供ほか

4/24 9:30-17:30 函館国際ホテル
  ■ 料理人らによる個人プレゼンテーション(8セッション)
                 およびトークセッション(3会場で10セッション)
  ■ 地元海の幸、山の幸、畑の幸 見本市(道南地域の生産者らによる展示・商談会)
 同 18:30-  函館山展望台 ティーラウンジ「レガート」
  ■ 懇親会 参加シェフ・関係者らによるパーティー(一部一般参加可)

-------------------------------------------------------------------------------------

第3回のHPがオープンするまでは、ここでできるだけ情報お知らせしていきます。
web担当大臣が超ご多忙なので、もう少々お待ちを^^:

あ、第2回(2010年)のプログラムはこちらでご覧になれます。
http://www.ryori-hakodate.net/

第2回の参加者の大半も、「今年も行くよ!」といってくださったのが嬉しい。
嬉しいし、すごい。豪華です。

函館という日本人にも外国人にもエキゾチックな街。
深谷シェフの「あなたも学びと実践の仲間だよ」という姿。
東京とは違う出会い方だったね~といいながら帰って行かれます。
そして、翌年には自ら来て下さるんです。
シェフの巻込み力、恐るべし!

2012.02
02
Category : つながり
はい!お待たせしました!
ゲストリスト、ほぼ決定とのことです。

どの枠でどのシェフが発表(またはセッション)に入られるかは、未定です。
「●●シェフの日に合わせて行きたいのに~」という方、もう少々お待ちを。

「出演者」と「時間割」はあるのだけど、どこにどなたが入られるのか…??


【第3回 世界料理学会in HAKODATE】に集う料理人たち(と、コーディネーター木村嬢)
(1月末現在、敬称略、五十音順)

 ・ 秋山 能久(東京・銀座『六雁』)
 ・ 石井 誠(札幌『ル・ミュゼ』)
 ・ 奥田 政行(山形・鶴岡『アル・ケッチャーノ』)
 ・ 木村 史能(函館『函館国際ホテル』) 
 ・ 木村 真季(柴田書店)
 ・ 小西 由企夫(大阪『エル・ポニエンテ』)
 ・ 斉藤 毅(秋田『パティスリー ストーブ』)
 ・ 斎藤 壽(北海道・洞爺『ザ・ウインザーホテル洞爺』)
 ・ 坂田 敏二(函館『ル・プティコション』)
 ・ 志賀 勝栄(東京・三宿『シニファン・シニフェ』)
 ・ 高澤 義明(東京・赤坂『アロニア ド タカザワ』)
 ・ 高田 裕介(大阪『ラ・シーム』) 
 ・ 滝沢 英哲(青森・八戸『オステリア デル ボルゴ』)
 ・ 谷 昇(東京・市ヶ谷『ル・マンジュ・トゥー』)
 ・ 中東 久人(京都『野草一味庵 美山荘』)
 ・ 中道 博(札幌『レストラン モリエール』)
 ・ 間 光男(東京・小金井『レストランTERAKOYA』)
 ・ 福本 伸也(神戸『カ・セント』)
 ・ 山崎 隆(青森・弘前『レストラン山崎』)
 ・ 山田 チカラ(東京・南麻布『山田チカラ』)
 ・ 横須賀 雅明(札幌『Restaurant MiYa-Vie』)
 ・ Alexandre Bourdas(アレクサンドル ブルダス)
 (フランス『Sa.Qua.Na』)
 ・ Grant Achtz(グラン・アケッツ)
 (アメリカ・シカゴ 『ALINEA(アリネア』)
 ・ Edgar Nunez(メキシコシティ『Sud 777』)
 ・ Elena Arzak(エレナ・アルザック)
 (スペイン・サンセバスチャン『ARZAK』)
 ・ Patrice Martineau(パトリス・ マルティノー)
 (ザ・ペニンシュラ東京 『Peter』)


大枠スケジュールは次のブログにて。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。