RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。製菓と製パンも得意。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。
    facebook あり〼
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004.09
20
Category : sweet
一度やってみたかった全種買い。赤ちゃんのほっぺのようなつきたてのお餅に、さらにベビーパウダーをはたいたような「お大福」のずっしり2列on経木(お若い方>きょうぎ、OK?)。あまりのふんわりすべすべ感が「お」をつけずには呼ばせない! 思いがけず頂戴物で願いが叶って幸甚。

9月なのにもう最低気温15度を軽く切ってます。お彼岸です。「雷除け志ん古」のあんこは塩が効いて、大物ながらひとつ食べきれるのが恐ろしい、いや素晴らしい。

小樽の港あたりは荷役の人たちが朝ご飯代わりに食べていたから「朝生」屋さんが多いというが、本当に朝7時から来るお客さんが今でもいるのですよ(見たもんね)。
荷役の方ではないと思います。電動木製臼と杵が年月を帯びて光る作業場は、お昼にはもうひんやり静かでした。20050220112310s.jpg

スポンサーサイト
2004.09
08
Category : くだもの
車で30分も走ると、家から一番近い果樹園に行ける。それも一軒や二軒ではなく、農協の支部があるほどの軒数! 札幌のお菓子屋さんたちも通うこの一帯の農園は、6月下旬から10月ころまで観光農園としてやっているので、いきなり行っても樹上完熟の果物が手に入る。08.jpg


サクランボとプルーンの掛け合わせ、バイオチェリー。小粒のプルーン大で青みがかった黒、炊くとダークチェリー色。椎谷パティシェに届けたらタルトに焼きこんだそう。それならもう少し若めの、酸味がぎゅっと詰まったのを摘めばよかったかも。
甘くて濃い完熟のソースは鹿肉や鴨肉に合わせたら、とパティシエールかずよ嬢が教えてくれたし…ああ果樹園は楽しい。IMG_5442.jpg

関係ないけど桃のミュスカ漬けと大石中生のピュレ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。