RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。甘系、加圧系もあり。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    Facebook始めました
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。

    あと…どなたか
    履歴の折り畳み方教えて~
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03
27
Category : sweet
IMG_7471s.jpg

函館ペシェ・ミニヨンS君より新作情報。
マカロンの上がり具合、というか抑え具合というか、泡のコントロールって
本当に面白い。その上、そうした泡とアーモンド粉の状態が味わいに出るので
個性もお店により千差万別。

今回特に楽しかったのは、塩キャラメルのマカロン。どこがしょっぱかったのか
今度聞いてみよう。(S君見てたらコメント下さいね)
オランジュの柑橘&アーモンドの金色の香りも季節柄にぴったり。

表面がきれいに浮き、かろうじて内層と接したままで焼けていて、
内層はしっとりだがねっちりではない、という絶妙でした。
よ~く見るとひとつひとつ焼け具合は違うのでしょうが。
こういうのを味わうと、浮きすぎは良くないかもなあと感じます。


そういえば、HBC「ビタミンTV」最後の私コメントは貴店でした、お世話になりました。
近日OAです。
スポンサーサイト
2006.03
26
Category : nonsweet
IMG_7443s.jpg

夕べI兄&K嬢に連れて行って頂いた琴似の「志んぼ」さん。
うなぎを待つ間の焼き鳥からスタート、なのだけど
その中でも名物の、生の新子(ヒナ)をこんがり焙ってバサッと切り分ける
新子焼きを頼んでおいてくれました。

鳥の丸ごと焼きは部位によって味と歯ごたえが違うのが醍醐味。
炭でふっくらしっとり焼けたムネ、噛みしめて旨味がジワッとくるモモ、
なんて確認を楽しんでいると半身が消えてしまいます。
串焼きのハツも、赤身の肉のような旨さに驚きました。

うなぎのキリッとしたたれも下町風でぴったり。
蒸かしすぎずカリッと焼いた身肉の盛り上がった様…なんだか札幌じゃないみたい。

写真は新子の残りと骨も包んでもらってダイコンのスープにした朝ご飯。
ニセコ羊蹄の「麦風」さんの食パンは、姿からして「大事に焼かなきゃ」と
思わせる佇まい。地麦と自家製酵母の存在感だけでなく、
食パン本来のしっかりこねたいい生地だから、この迫力が出る。
頂き物のトマト、冬はあまり買わないから、家で食べるのは久しぶり。美味しい。
旭川雨粉の「農夢」さんのあっさりヨーグルト。
なんだか今朝は贅沢させてもらいました。
といいつつ仕事だ。
2006.03
25
Category : sweet
tsubodessert.jpg

定食屋さんのテーブルで見かける梅干しの小壺。
開けるとなんと、パイで蓋をしたプリン&アイスのデザートが!
私的には「壺おでん」以来の衝撃です。

グラスにヨーグルトプリンパフェが入ってたらスプーンですくいますよね。
でも壺入りだとスプーンで「掘る」気分。
中身が見えないまま掘り進むと次々に、
ソフト、プリン、シャリッと凍ったオレンジ果肉にヨーグルトアイスの地層が。
(同伴者が夢中で食べたため順不同)

「牧家」伊達店で頂きました。
ねぎとんピザはクラストモチッパリッで香ばしく、撮れずじまい。
このお店と札幌の南郷にあるお店で食べられるそうです。
放牧して無農薬の草を主に食べた牛のミルクで、
チーズやヨーグルト、アイスを作る牧場&メーカーです。
2006.03
21
Category : パン
IMG_7429s.jpg
津別町のパン屋さんにお願いしたパン到着。
奥の四角いローフはゴマ入りで、素直に生地を堪能。家族にも一番人気!
最後はチーズをのせて焼きましたが程良い歯切れにぴったり。
手前のローフはよくあるチョコシートを使っていないと聞いて
お願いしたショコラ。
クーベルチュールと無塩バターを合わせてから練り込んだそう。
木の葉のクープが入ったのは果実パン。
このタイプらしく2日目がより美味しかったので、明日も楽しみに頂きます。
石窯と天然酵母の組み合わせはどのプロに聞いてもマトリックスのようで、
作業表がうまく流れるまでに相当かかったという話も珍しくない。
頭が下がります。

今日観たオペラ「コジ・ファン・トゥッテ」じゃあるまいし、
一度に両方手玉に取るなんて相当の手練でないと無理なのだろう…

そう、プリマドンナKMさん、大作お疲れさまでした。
傍で言うのはたやすいけれど、背負って立つ人の勇気には
無条件で拍手なのです。
2006.03
20
Category : life
IMG_7343s.jpg

荒れるとは聞いてましたが…吹雪だよ札幌。
でも車で走っていると、滑り方が春。(変ですか…そうですか)
畑の話を聞いていると積算温度って言葉がでてくるけど、
ホントに気温って積み重なるものなんだとわかります。
この半月の暖かい日の温度が土にもアスファルトにもしみ込んで、積もってる。
だから降っても中が融けてやや滑る。そんな滑り方。(危ないってば)

週末は復活ケーキングの先輩が北海道へ。ちょっと楽しみ。
それにかこつけキュートなパティシエールYちゃんにも会えそうです。
こうして待っててくれる人がいるから、頑張れるんですね…。

写真はみんながぶっ倒れそうになっている中悠々と頂いたコーヒー。
K君無事でよかったね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。