RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。製菓と製パンも得意。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。
    facebook あり〼
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07
30
Category : life
IMGP8378.jpg

先週の函館です。
いつもとんぼ返りなので、初めてのnew五稜郭タワーです。
そして夏は家で食べる機会が多い季節なので、こんな感じ…
IMGP8383.jpg

IMGP8387.jpg

スポンサーサイト
2006.07
17
Category : sweet
因藤シェフや菅原さんから聞いていた「YOSHI」に連れて行ってもらった。
お電話で道をたずねても、行った人たちに聞いても
「わかりづらいんだ…」って。
あとひとつ曲がれば見える、というところまで来て、やっとこんな看板が。
IMGP8283.jpg

3人入ったら肩が触れるくらい間口の小さな売場に、
新橋にあった頃の「ペシェ・ミニョン」を思い出してしまいました。
(年ばれる…)

生地タイプも味わいもひとつひとつ変化に富んだプチガトーと
いい色の焼き菓子、タルトにシューケット。
研ぎ澄まされた感じというより、きれいだけど温もりを感じる仕上げ。
きっとお人柄なのかな。
通り雨がザーッと行った後の暑い日なのに、
ひっきりなしにお客さんが来るのに感心。
またお話聞いてみたいです。&T君ありがと。
PATISSERIE YOSHI

2006.07
17
Category : パン
IMGP8264.jpg

先週、前からお会いしたいと思っていたパナデリアご一行と、
ユーハイムの志賀さんたちの会食にお邪魔した。
なんと「おいしいパンのみつけかた」の大和田聡子さんもご一緒。
(読んでました。イキイキとした楽しい女性で、嬉しかった(^-^))

「パナデリア」はネットと紙媒体の両方でパンとお菓子について発信して、
プロにもアマチュアにも人気の会員制グループ。
入っていないのだけど、ときどき見せてもらう会報誌の
読み応えのある企画がいろいろ。
そして、読むとお菓子が作りたくなる、料理がしたくなる内容です。
パンは、志賀さんと働いたことのある“哲ちゃん”が
道産小麦で焼いた5種。
タイユヴァンの時代から、道産粉はあまり使わなかったはずなのに、
とても上手。そしてやっぱり仕事がきれい。
地方の標準を上げてくれる職人さんのひとりだ。

東京とくらべて「あれもない、これもない」と嘆いたのは昔の話。
とれたての素材感が迫るような、力強く美しい田舎のお菓子やパンがもっと欲しい。
産地だから、お題目やトレンドでなく肌身でお菓子の背景を感じる。
そんなことがうんちくでなく、自然ににじむおいしさ…見つかるかな。
な~んて。
みなさんとお話しして、あらためて自分の立ち位置を感じました。


すっかりさぼっているsweetsloversのほうも、秋に向けて再開しなくちゃ。
パワーをいただいて、ちょっとやる気が出てきました。
みなさんに感謝です。
IMGP8266.jpg

2006.07
16
Category : やさい
IMGP8218.jpg

新しくなったので一度行きたいと思っていた札幌中央卸売市場に
ベジフルの見学会で行かせてもらった。
魚市場を通りぬけて、これは青果市場。

IMGP8208.jpg

>見慣れてくると、荷姿って品目によって色々だ。
キャベツや長ネギは蓋が寸足らずのセミオープン箱。
タマネギは30キロネット。
じゃがたま類は目方が表示してあるけど、キャベツなどは玉数に印がしてある。
IMGP8224.jpg

アスパラやコマツナは縦型。
確かこの2日ほど前が初セリだった「でんすけすいか」は、箱も赤と黒!
輸入ものは表示ルールが別のようだった。
聞きたいことが山ほどですが、ひとまず終了。

あ~面白い。築地との違いは規模とオートの走行速度かな。
(ピークタイムは過ぎていたせいか割と常識的)
轢かれたりマグロが足に落ちてきたりといった災難もなく
何よりでしたよ(^^;
あとは場外がもっと楽しいといいのにね!
2006.07
12
Category : nonsweet
はじめてナマコを食べた人がいたから、
ナマコは食べものになった。
という話があります。もっともです。

今どきの食べても大丈夫かどうかわからないものって
どう付き合ったらいいのだろう。
アレルギーや病気の場合は、発症の原因をつきとめてもらえれば
それを摂らなければ防げるはず。
うちの子みたいにキャンプ場でおとなりさんの手打ち蕎麦を味見して
「苦しくなってきたから途中でやめた」なんて実験はしないほうがいい。

とにかく、体のためにも味のためにも選べないのは困る。
選ぶためには、作る人がいろいろ居てくれないとまずい。
だから、できるだけ「あの人」「この町」のものを買います。
ブランドはいらないけど、おいしいほうがありがたい。

こうなってくると、単なる食いしん坊もたまには考えます。
畑で見知らぬ種子がこぼれたら、他の種子はどうなるのかな。
蜂が運んだら?虫が食べたら?人が食べたら?
わかんないことがまだまだ多い。恐れだけで判断してはいけないけれど、
情報は少ないようだ。

何でも自由に選べると思っていた、東京にいたころの自分が、最近遠い感じ。
こういうネタこそ軽やかに語りたいけど。


小麦は北見の新品種に期待。データは灰分が多くて色白。
麺用といっているけど、もしかしてフランスパンになるか??
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。