RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。甘系、加圧系もあり。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    Facebook始めました
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。

    あと…どなたか
    履歴の折り畳み方教えて~
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08
31
Category : nonsweet
IMGP8447.jpg

またまた以前の写真。7月末の「道産ラムと手作りビールの会」です。
子どもたちが子ヤギに遊んでもらっている間、
大人は主催の北海道ビール党のビールで乾杯。


茶路の武藤さん、お店移転準備中のビストロ・ラ・マルミットの水野さんも
豪快に羊とエゾシカをローストしてくれています。

この催しのおかげで、以前から行きたかったカフェ(なのかな?)
やぎ屋(アトリエ・オン)さんに行くことができました。
ご主人の大きなライ麦パンは、みっちりしなやかで素晴らしかった。

畑の野菜のミネストローネは羊のフォンかな?
エゾシカも来ていたからそちらかもしれません。
(エゾシカ協会の紹介するお肉のフォンはきれいな味で、
食べ慣れた料理になって出てきても、まったく違和感がないのです)
夏らしい景色です。
スポンサーサイト
2006.08
31
Category : くだもの
IMGP8719.jpg

8/12ころの南区・桜井農園で、はしりのプラム、メスナーをいただく。
小さなソルダムみたいですが「味はこのほうが美味しい」と言われ
食べて納得。中まで赤くて、種のまわりまで甘い。


こちらは8/28の南区・篠原果樹園。

この日は天使堂さんとバイオチェリーを買いに。
青いブドウも撮影用にもらったり、はしりのプラムやプルーンを試食したりと
楽しまれたようです。
そのうち、札幌の飲食店はみんなそれぞれお気に入りの果樹園がある…
なんてことになれば、私の密かな野望「夏は毎週、大通公園でマルシェ」も
実現するかも…まだまだ妄想ですが。

バイオチェリー、以前は「使うシェフがいない」と言っていたのですが、
マーカス・ボスが出会ってくれたそうで、嬉しい限り。
(そうで、というのは話は聞いたのだけど、完成品を見たことがないため)
煮ると本当に美しいボルドー色になるのです。
あすから9月。プラムとプルーンの季節です。
2006.08
30
Category : sweet
IMGP8519.jpg

IMGP8518.jpg

お知り合いのマダムから頂戴したお土産です。
まずはピンクのパッケージにノックアウト!
ふたは一枚の薄いアクリル板で、留め具がひとつついていて、
回転させて開けるのです。
ショコラはやや厚めの上がけ(詰めるタイプもあったかな)で
ググッとくるカカオの風味にミルクのやさしさとハーブの香り。
カカオの存在感だけでグイグイ押すでもなく、優しいだけでもない、
大人のバランスは絶妙。

暑い時期だったのにおいしく頂けたのは、極上品ゆえです。
それにしても、おいしいものを頂くとあの人この人の顔が浮かぶこと。
2006.08
29
Category : life
IMGP8515.jpg

お盆前のベランダ晩ご飯です。暑かったので荒っぽくなってましたね。
暗がりでも、何かの拍子に触れた花セージが香ります。
これで食がすすむなんて、落語の「うなぎ」なみに口いやしいか…。IMGP8465.jpg

2006.08
29
Category : やさい
7月末、レストランクレスでお昼。今シーズンから
メニューがメインディッシュ+地野菜ブッフェに変わって大人気。
北海道ではまだ意外に少ないこの方式、おいしくて行列です。
IMGP8421.jpg

IMGP8423.jpg

他にもファームレストラン、つみ取り農園、道の駅の市場、アイスクリーム…
この一角だけで半日遊べます(食べられます、かな)。
IMGP8427.jpg


これはクレスの売店で買ったラズベリー。
車で5~6分の松本三無農園さんです。
IMGP8439.jpg

札幌北区、小兵ながら確かな腕の「パティスリ レシピ」
(焼き込みタルト、シュークリーム…)高橋シェフが使ってくれます。
ただし今は端境期。来月また少しとれるかも。

8/27には麻田農園でブルーベリー見学。
無農薬の畑で、少し摘ませてもらいました。
その帰りに、お隣の松本農園にも寄ることができました。
(O谷さんに感謝)
2haたらずの農地は、自給自足のために始めたそうで、
「孫たちに安心な野菜を」という素敵定年ライフのご夫妻です。

麻田農園も松本農園も、動機は違うけれど
同じ時期に畑を始めて、無農薬・無化肥。
ラスベリーとブルーベリーの旬は、今年は3週間くらい違いました。
札幌近郊は、お盆の前くらいは両方ともいい状態の年が多いようです。
一足踏み込むごとに、バッタやチョウチョ、大きなコオロギが飛びたちます。
慣れてくると、水にはいってしぶきが飛ぶのと似た、ふしぎな感じ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。