RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。製菓と製パンも得意。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。
    facebook あり〼
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07
31
Category : つながり
IMGP0807.jpg
あるんですね~有機のニンニクの芽。
なぜかくるくる巻いてしまったので、じっくりめに下揚げして唐辛子味噌炒めにしました。
甘味が強い(^_^)

買った店は、先日CSテレビ「旅チャンネル」で取材させてもらった
フレッシュファクトリー増田さん(サッポロファクトリーレンガ広場)。
「シェフが行けないぶん、畑に行って受け取ってくる」という
私の妄想、すなわち
「札幌マチナカにマルシェ→個人もレストランも利用→農家はニーズを知り買い手は農にふれる→使い手の技とお客の嗜好が成熟→北海道の味がうまれる」
とぴったり重なるお話が聞けて、
とても共感し、すでに実践されている方への頼もしさを感じました。

もうひとり、スローフードフレンズの仲間、「アンの店」鈴木さんも、すごい兄さんです。
畑にお客を連れて行ける人間関係を築いた八百屋さん。

「地産地消」「顔見え」はすばらしいコンセプトだったはずなのに、
あっというまに使い古され、すりへってしまいそう。
ただ農業者の顔をシールにしてスーパーで売る、というのとは意味が違うように感じます。
(ところで、コンビニで「●●シェフ監修カレー」とかは、顔の見える食べ物じゃないよね、
作ってるのはよその工場だよね、別にかまわないけど、特には買わない)

畑、はこび手、使い手、そして食べ手がリレーのようにつながって
みんなそれぞれに「次の人に伝える」という役割を負ったなら、
食べることは理解すること、感謝することに変わります。

書くことがたまっているのですが、土曜日はラズベリー畑からup予定です、お楽しみに。
スポンサーサイト
2008.07
06
Category : くだもの
札幌近郊は今がイチゴの終わりかけ。
北広島「キムファーム」さんへ連れて行って頂きました。
IMGP0789.jpg

農園は風通しが良く、露地のイチゴの畝間に藁を敷いていて、とても清潔。
ひざをついてもふんわり柔らかく、気持ちいいのです。
園主の思いがあって、車いすが入れる間隔で植えられたイチゴ。
品種は北海道に多い宝交早生と、けんたろう。IMGP0787.jpg

「お花も持って行きますか?」  隣の花畑は、来年のイチゴのために植えた緑肥。
このあとすき込んで、土の養分になります。
(郊外で見かけるひまわり畑とか、なたね畑とかも、もとは緑肥が目的です。
マリーゴールドなんかも、大分前からニンジンなどの土壌改良のために作ってますね)
それにしてもキレイです。
IMGP0786.jpg

ジャム用にも、ちょうどいい。
私はいつも、小さな粒ばかり摘みます。どうも小粒のほうが味が濃い気がするのと、
短時間で粒の形のまま火が通るから。

札幌市内も、ここ北広島も、初夏のいちごは今がさいごのチャンスです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。