RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。甘系、加圧系もあり。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    Facebook始めました
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。

    あと…どなたか
    履歴の折り畳み方教えて~
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11
30
Category : チーズ
IMGP0508_20081130011428.jpg
11月中旬、道南は森町。
ブラウンスイスと山羊を飼い、チーズを作る山田農場へ。
チーズ実習の方々に連れられ、
函館の乳業メーカーでチーズを作るI君の電話ナビで何とか到着したのは夕暮れ時。
大沼駅から山への一本道を通りながら「ここはワネザキのあんパン工場があったな~」
なんて、子どもの頃のスキー遠足かなんかを思い出しながらの道でした。

若い山田夫妻は小さな息子さんと3人、小さな丘の裾に家と畜舎、チーズ工房を手作り。
急な斜面をみて「放牧の前に草地づくりが大変だったのでは?」と聞くと、

入植したころ笹に埋まっていた丘は、牛と山羊の蹄が耕し、
穀物餌を控えるのでお腹をすかせた牛と山羊は、冬に笹の芽を食べ尽くした。
その跡には、ずっと以前の土地の主が蒔いたらしい牧草の芽が吹いた。

というお話でした。
草地放牧、蹄耕法…若い実践家のチーズです。
山羊チーズ、かなりがつんと来ますが、
ホロホロともろいチーズの組織(っていうのかな)がとてもフレッシュです。
ここに茶色い山羊を連れてきたら、サヴォワのベルナールさん家とそっくりの景色だなあ…
などと話しながら函館へ。
(あ、牛のチーズもあります! が、時間をかけて山羊にシフトするかも、とのことでした)

函館では懐かしの五島軒にて、チーズを味わう「アルパージュの会」へおよばれです。
私にとっては珍しいスペインのチーズ各種、
仕事も趣味もチーズ、のような熱意あふれる会員さんが作ったチーズが面白かった!

会場では私にとって“函館グルメ王”である三桜Oさん、(二次会ありがとうございました!)
「こなひき小屋」の親方にも嬉しい再会。
(親方…ここに来て下さってるコメント主さんだったことが判明…)
こんなマニアな会がもう18年目とは、驚きです。
今回初めてお会いできた山本会長の、熱意と仲間づくりの素晴らしさなのでしょうね。
聞いてみたいことがいっぱい、いっぱい。
またお会いできるよう願ってます。

前日のせたなへの立ち寄りは、また別の日に。
スポンサーサイト
2008.11
29
Category : sweet
IMGP0484.jpg
ショーケースのPOPで「ケーキ通のかたへ!」って、すごい。
ムラングシャンティです。
住宅街でひとり気を吐く頑張り屋さんのお店「スウィングキッチン」。
お菓子にもきっと、自己主張のはっきりしたタイプと、そうでないタイプがあるんだよね。
ここは潔さを感じるほどはっきりしているんです。
スウィングロールは「フルーツの質と量で、ロールケーキの良さを謳歌して!」と言ってるし、
焼き菓子は「バターのお菓子にはバターしか使わない。新鮮でお値打ちだよ」と言ってる。

わかりやすいことも、サービスのひとつですね。
2008.11
23
Category : 未分類
20081123015416
珍しくコンビニから中継。
札幌のファミマ円山公園駅前店に、
札幌の希少なタマネギ「札幌黄」がありました。

突き抜けた甘さと昔風の素朴な風味、でも種を守るのはわずか10軒の、幻の昔タマネギ。

何気なく手に取ったあなたが、買うことが応援になるのです。シチューが甘くなるよ!

しかーし、入手困難といわれる野菜がコンビニ…
この業種、生き残り競争中で、差別化のために野菜が注目されています。
札幌のセブンイレブンには新鮮な市内産の野菜をとりいれているし(一部エリアはなし)、
セイコマの手法を見習ったような動きです。なにしろ隣の豆腐屋さんが早じまいすれば代わりにお豆腐置いちゃうからね、セイコーマートはたくましい…

既存のお店を淘汰した揚句、
ご近所密着のよろず屋さんになるのか地方のコンビニたち?

でも、夜族に地野菜をもたらすとは見事なスキマ流通。

上げたり下げたりしましたが、
スローの極致と流通業界の権化のマッチングに不可思議と愉快の両面を感じた次第でした。
みなさんはどう思いますか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。