RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。製菓と製パンも得意。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。
    facebook あり〼
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2006.06
06
Category : sweet
P506iC0021496199.jpg

椎谷さんで新作を。
ココ&マングーにおもわずウフフとなりそうな
クープ・エキゾチックに初夏を知る。

きょうの出色は、去年の屋久島以来パッション愛の私を
号泣させる勢いの、フランボワ&パッションの鮮色タルト。
この甘酸っぱさはどっちのフルーツ?と味わうにつれ
赤い香りと黄色い香りが喉の奥に満ちていく。



そしてきょうの最高!は、写真のショコラ&リュバルブ。
普段より1センチ大きいタルトをかじると、
(かじるのね~シェフの前でも)
歯先でサクリと割れたシュクレに、ショコラのオリエンタルな香り。
なのに舌が感じるのは深い酸味と甘味の赤リュバルブ。
ひと噛みで、それら全てが一緒になる快感。

でもほんのかすかにシナモンが香るのは、チョコレートからじゃない。
「シュクレなんですよ、シナモン入れたの。」
ショコラとプレーンとシナモンのシュクレで比べたら、
ショコラじゃなぜか甘さが際だって、シナモンが一番よかったから、
だそうです。

よさこいもいいが、今日の気温くらいの涼しい温度で味わうべし!

(なんで今日は英語読みじゃないんだ?)



岩崎農場に近々行かれるとのこと、私もまた行きたいです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント