RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。甘系、加圧系もあり。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    Facebook始めました
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。

    あと…どなたか
    履歴の折り畳み方教えて~
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07
10
Category : nonsweet
IMGP8179.jpg

7/6に、東京以西のお豆腐店6社のグループ「日本地豆腐倶楽部」の
主催で行われた、国産大豆サミット2006 in江別。

自給率向上!のデモなどはしません。
そのかわりに、おいしくて個性的な「地豆腐」を作って食べよう。
それには大豆を作ってもらわなくちゃ、
どうして大豆があまり作れないの?と考えるシンポジウムです。
なので、まず開会前にお弁当です!
ペットのお茶は、「おとうふ工房いしかわ」(愛知)の「焙煎きらず茶」。
きらずは昔ふうのおからの呼び名です。京番茶をやさしくしたような、
ちょっと煙たい感じで、食事のじゃまになりません。
IMGP8184.jpg


会場で、江別の農家・冨樫さんに再会できました。
今年、生産法人(株)輝楽里(きらり)を仲間と立ち上げたそう。
代表の方がパネラーで出ておられました。
そのパネルディスカッションでは、「相場を安定させる使命が…」と語る全農から、
「反収45000円じゃ後継者に作れとは言えないよ」という生産者さん、
病気に強い品種を作り、作付の役に立てたい試験場の先生、
「おいしくて個性的な地豆腐を!」のお豆腐屋さんなどのトークが飛び交いました。
これはコーディネーターの方もまとめられないわ…。

ごくなめらかな割にぷるんとしたコシのある「嵯峨豆腐(京豆腐)」は、
にがりの代わりに澄まし粉(硫酸カルシウム)を使うという話が出ていました。
そういえば、京豆腐は関西ふうの味付けによくなじみ、
関西人の食感の「ツボ」なんだという話は、ご当地で聞いたことがあります。

北海道の豆腐は、もちろんにがり豆腐。
試食の納豆や豆腐の中で、買いたいと思ったのは、
江別の「里味」さんのこんもり豆腐。
道産品種のユキホマレの糖度を生かし、豆乳を煮詰めてからにがりを打つ
濃ゆ~いお豆腐です。札幌では買えないような話でしたが、
海の塩をかけてぜひまた食べたい。

辰己芳子先生の講演が目当てだったのですが、
お人の存在感そのものあってのお話だったので、さらりと書けない。
そのくらい素敵でした。
IMGP8182.jpg


IMGP8189.jpg

関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。