RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。甘系、加圧系もあり。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    Facebook始めました
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。

    あと…どなたか
    履歴の折り畳み方教えて~
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12
04
Category : つながり
今日はやっとのことで原稿が終わり、ゴリゴリに固まった体をほぐす間もなく
札幌グランドホテルのF&Bリニューアルオープニング行事の締めくくり、
「北海道酒蔵サミット」のお招きへ。
なんと17~8年ぶりに、田崎真也ソムリエにお目にかかりました。
う~ん、一時よりスリムになって若返られたような…少しも変わられていない感じ。
そしてテーブルには、同じくらい前に一度だけお会いしたことのある大前研一氏の
お姉様、マダム大前が!ホテレスの連載などで拝見していたあの方です。
とても魅力的な方で、ご一緒できてとても楽しかった。
今夜のパートナー、R姉様はお着物で…相変わらずのチャーミングダイナマイト!
そして以前にも書いた「風のささやき」の高砂酒造さんの錺間常務にもお会いでき、
直接「おいしかった」が言えて嬉しいことこの上なし。
同卓でご一緒させていただいた小林酒造さんも、ずうずうしく色々質問して
お邪魔したにもかかわらず、とても紳士で情熱あふれる方でした。(お許しを!)。
061203_200030.jpg

上はその小林酒造の全麹仕込酒。麹2に掛け米8、の造りに対し、
麹10(掛け米なし)で仕込む、米の味と力が凝縮した強さのあるお酒。
ワインのような余韻の長さと、ウニを射込んだ霜降り牛にも負けないボディに、
他の並み居る銘酒や稀少なお酒たちを忘れそうになりました。

しかし日本酒は、ほんとうにデリケートなお酒ですね。
日本酒をお料理と合わせるということがずっとわからなかったのですが、
(昔の酒蔵取材の経験はムダだったのだろうか…申し訳ないです)
このところ機会に恵まれているうち、料理の旨みや甘みに対して
ピンポイントで「ここ!」という相性があることが
少しわかってきた気がします。(遅い…)
お酒と料理のバランスがちょっとでも崩れると、ワイン以上に
もったいないことになってしまうものなんですね。

会場の「環樂」は今までのグランドにないすてきな空間でした。
ぜひまた伺います。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。