RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。甘系、加圧系もあり。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    Facebook始めました
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。

    あと…どなたか
    履歴の折り畳み方教えて~
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12
29
Category : つながり
061229_184313.jpg

タリオリーニやタリアテッレなど卵たっぷりの平打ち麺、おいしいですよね。
秋に訪れたマリアンジェラの家では、地元ランゲふうに「タヤリン」と。
(なんか愛嬌があっていいね、タ~ヤリン♪)
マリアンジェラが古い大きな木のテーブルの上で小麦粉に卵10個も入れて練り、
パタン、パタンと生地を折って作ってくれたタヤリンを思い出しての忘年会です。

塚田君がまっちゃんに教わったという練り粉を作ってきてくれて、
かずえさんのお家で宮川君がマシンにかけます。
平打ちじゃなくてスパゲッティになってるけれど、ちゃんと寝かせたためか
つやもバッチリ、おいしかった。
ラグーは赤身の牛挽肉に鶏レバーとポルト少々、我が家のレシピを塚田流に。
(手伝わなくてごめんね!おいしかったよ)
お料理教室主宰のみゆきさんの野菜のテリーヌも、
かずえさんの野菜だけのポタージュ、ホタテのフライも美味。
ご主人たちは優しく微笑み←ここ大事!
我らがサヴォアの達人、シェーブル恵子さんのケータイから
旅でお世話になったベルナールとフランソワーズの声が流れ、
「今度はいつくるの?」と懐かしさもひとしおです。
持参したタルトショコラはイマイチでしたが、他はみんなすばらしかった。
フランスとイタリア、また遠くないうちに会えますように。

<小耳情報>
札幌の皆さんにプチ情報です。
旨いバゲットでははずせない、竹内さんのお店「アンシャンテ」、
あすも営業だそうです。
さっすが頑固職人、まだまだ焼いてくれていますよ。
お年越しが洋食系の我が家のような方にはぜひおすすめです。
(黒毛短角牛のリブステーキ、待ってるよ~!)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。