RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。製菓と製パンも得意。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。
    facebook あり〼
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12
31
Category : sweet
おせちができた。今年のお年越しはなんと、
えりも・高橋さんの黒毛短角牛のリブステーキ!
お正月になるよ~とお電話もらったせたな・西田船長のエビも楽しみ!
そして真狩・板敷さんのゆりねできんとんを。
函館・千秋庵総本家で頂いたエリモ小豆(農家ではショウズと読むのね~作物名。)
と双白糖のみつでやわらかいあん玉を作って、ゆりねあんで茶巾に。
ゆりねのきんとんは、実は手元にいろいろと資料があった。
「へちま」の金塚先生のすてきな連載@ホクレン「GReen」誌にならい
仕上げをまねてみた。(こちらは牛乳でゆでてマッシュする方法でした。
レンジを使った水分調整の方法あり。しかしレンジのない我が家では残念…)
さらにネットでもたくさんのレシピをみかけたが、
簡単な我流の作り方で、一番ゆりねの味を感じた。
たぶんきんとんの生地としてはなめらかさが足りないのだろうけど。
食べなれたホクホクの食感があるきんとんです。
IMG_8553.jpg

<ゆりねのきんとん>
ピーラーでさびを取ったゆりねを、ひたひたのおいしい水でゆでる。
竹串がすっと通ったら湯を切って鍋に戻し、粉ふき芋のようにやや水を飛ばす。
ゆりねの目方の25%の上白糖とともに、冷めない内にプロセッサにかける。

あとは色粉で染めるもよし、そぼろにしても茶巾にしても。
お湯は多すぎず、ゆですぎないのがおいし。

では、ジョン・健・ヌッツォ聴いてきます。
関連記事
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

千秋庵総本家について-お菓子先生

千秋庵総本家千秋庵総本家(せんしゅうあんそうほんけ)は、北海道函館市にある和菓子店。1860年創業。屋号の由来は、創業者の故郷が秋田だったからという説が有力である。函館市内に数店舗を構える地元密着型の和菓子店であるが、この店から暖簾分けしたいくつかの和菓子店

千秋庵総本家について-お菓子先生

千秋庵総本家千秋庵総本家(せんしゅうあんそうほんけ)は、北海道函館市にある和菓子店。1860年創業。屋号の由来は、創業者の故郷が秋田だったからという説が有力である。函館市内に数店舗を構える地元密着型の和菓子店であるが、この店から暖簾分けしたいくつかの和菓子店

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。