RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。甘系、加圧系もあり。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    Facebook始めました
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。

    あと…どなたか
    履歴の折り畳み方教えて~
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01
15
Category : life
IMGP9578.jpg

冬の出張っていつも絵柄が同じだ…でも、やっぱりきれいです。
釧路からレンタカー。「エゾシカはマイペースです」って…ハイ。
IMGP9581.jpg

「鄙の座」はオープン取材からお世話になっている阿寒湖畔のすてきな温泉宿。
日経新聞のNikkeiプラス1で業界識者が選ぶ「2名10万以内の満足宿」ランキングで
「柳生の庄」や「つつじ亭」「明神館」をおさえて一位に選ばれ、北海道でも話題持ち切りです。
開業二年、25室の贅沢ルームだけでなく、
湖畔の自然や先住民族の息吹を感じるパブリックスペースがすばらしい。
館内はHPでご覧あれ。バーカウンターから見る足湯と阿寒湖の結氷はこんなふう。
IMGP9591.jpg

お料理も地方色と贅沢さを上手にとりこんでいるのですが、それは「おとなのいい旅」で。
これはお食後にいただいた粉を使わないミルフィーユ。
別腹とはいえもう炭水化物はいいや~と思ったところで、
キャラメルの薄い層にディプロマットかな?をはさんだデザートは絶妙です。
IMGP9590.jpg


関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

先日はお疲れ様でした。
(取材でご一緒させていただいた者です。ヒントは“黒・豆”)

あんなにお腹がいっぱいだったのに、
このミルフィーユはペロリと食べれてしまいましたよね。

それにしても深江さんの食べっぷり・・・
惚れてしまいましたv-218

 出張で鄙の座だなんて・・・ 鶴雅さんに勝手にというかわがままいいまくってバー&足湯、そして客室などの内覧会させていただいただけで、泊まれず仕舞いでいます。

 やはりお忍びで伺えればいいですよね。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。