RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。製菓と製パンも得意。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。
    facebook あり〼
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2007.01
22
Category : やさい
食べたものがたまってます(どこにじゃないよ、カメラに)。
まずはスローフードフレンズ帯広のやまもと事務局長からお裾分けいただいた
安家(あっか)地大根、岩手の伝統野菜です。
おろしがピンク!かわいい~しかも味が辛味大根みたいでさわやか!
本場のひとはこれでおそばを食べるとか。ラブリーだ。
ふつうの大根より繊維が粗くて、絞らないでちょうどよいほど水分が少ない。
生酢(きずって、柑橘生しぼりのことです)をいれるとピンクが澄み渡る。
IMG_8690.jpg

えりもの高橋さん、短角牛の最後の一枚は、こんなふうに頂きました。
強い素材同士のごはんは、知らないうちに一生懸命食べさせられる。
無言で噛んで、味わって、食べた後に充実感。
IMG_8710.jpg

甘酢漬けも作ろうとしたら、赤丸がいっぱい。子どもの版画を思い出します。
IMG_8693.jpg

愛嬌があるなあ…身近にあったら、いろいろ試したくなりそう。
安家地大根は「味の箱船」という、食用作物のレッドデータブックに載っています。
八列とうきびや、黒毛短角牛と同じ、消えゆかないで欲しい食べ物です。
和菓子の話と同じで、買い支える関係をもてる地元のひとたちが
食べて愛するしかないのです。
書きながら伝えながら、やはり自分で使っていきたい。
それだけに、理想に走って無理も続かないんだよね…。難しい。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント