RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。甘系、加圧系もあり。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    Facebook始めました
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。

    あと…どなたか
    履歴の折り畳み方教えて~
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02
22
Category : くだもの
IMGP9753.jpg

某日トワ・ムートンのお昼。先日の挨拶のつもりで予定していたところ、
小樽のLabo-Style漆谷さんからもお電話あり合流。
因藤さんの思いやりで、コース並みの充実デセール登場。
ピスターシュのジェラート(セイウニカ製)をはさんだ
しっとりピンクのマカロン、たまりません。
料理用のオーブンで細心の表情でマカロンを焼く
身長190?のシェフの姿を想像してしまった(笑)
溶けながらふうっと広がるアーモンドとピスターシュのいい香りと旨みに
漆谷さんと開業準備中のお友達もご一緒にうっとり~♪

北海道百科では、知り合った時に約束していた「素材を見つめるお菓子」
のテーマで出てもらえてよかった。これからもパワーアップを期待!
お話によると、その後同じ企画に出てくれたみなさんとともに、
似たような主旨の取材がいくつか来た由。
ご自分のテーマときちんと重なっているのだから、それもまたよかったよかった。
少しは役に立ってるのかな?
(キャセロールの加藤さんにも、そろそろ会いに行きたくなってくるね)
それでね、今時期の撮影で春のお菓子、なんていうと
フレッシュの素材がイチゴくらいしかないという話題に。
農家の夏の忙しさと短い旬を考えたピュレの実験でしたが、
冬の素材としてももちろんあれば嬉しいはず。
やはり近郊もののピュレの実現、ねばり強くトライしてみよう。

きょうは打ち合わせで入ったカフェでみたタウン誌で、
因藤さん、中本さんら揃って出ているのを見て、なんだかフフフでした。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。