RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。製菓と製パンも得意。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。
    facebook あり〼
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2007.03
03
Category : sweet
道産ブランド食材を誇る「北海道ブランドフェスタ」。
北海道出身またはゆかりの実力者が揃う「食のサポーター」の皆さんの
ご紹介もありました。
脇屋シェフ、ワインのコンサルタント&ライター草分けの田辺由美さん、
銀座レカン~ドンピエール鈴木シェフ、
オーベックファン~アルカイク高野パティシエなどなど…
そうそうたるメンバーです。豊かだな北海道!
三越、大丸や銘酒久保田のブランディングで知られるコンサルタントの三浦先生、
昨年大豆サミットでお話できてファンになったのですが、
今回はちょっぴり遠くでお姿を眺めるのみ(残念。)
脇屋シェフのサーヴするNorthBird&越冬キャベツの棒々鶏風、(芯はどこ?)
そしてエゾアワビと道産野菜の中国風しゃぶしゃぶには行列が。
IMGP9785.jpg

特に印象的だったのは、にいやまファームさんのサフォークをロゼに焼いたもの。
ガッツンだけどなんとも惹かれる旨み!
粉ものでは、ラ・ペコラ河内シェフの生フェトチーネ。
100%にこだわる生パスタは他メーカーで以前からあるのだけど、
80%で機械製麺の、乾麺よりちょっと厚みのある平麺は、
いい感じにヨレてソースにからんでもっちり。ちゃんと噛ませて風味が生きてます。
100%でなくとも、粉の良さが出るならとりあえずこれを買いたい。
なんてモグモグしていたら、その河内さんが「塩をください!」と言っている。
にいやまファームさんの目の前で生肉に塩をふって食べる!
思わずつまませてもらう私!(ずうずうしいったらない)
…あれ、お肉は脂が一番匂うはずなのに、赤身よりバラのほうが甘いよ、生だと。
どんな餌をたべているんだろうこの羊たち。行ってみたい。

キャセロールの加藤シェフは、
会の前の使い手と生産者、食のサポーターの懇談会でお話しなさったそうで
のちのちお話を聞くのが楽しみです。(少しは召し上がれたのかな??)

会場ではこなひき小屋の木村親方ともお話できました。
帰省の折に食べていて勝手にファンでしたが、ご挨拶したのは初めて。
日本では例を見ない、地粉の部門もちゃんとある地元職人のためのバゲットコンクール、
楽しみですね~~!IMGP9795.jpg


風のささやきの醸造元、高砂酒造さんも出展。
JAいわみざわ、滝川農政課さん、きのとや長沼社長、
塩キャラメルがブレイク中のノースプレインファームさん、
久しぶりの小樽麦の輪(当時はベーグル工房か)赤尾さんと岸上店長、
今年は泊まりたい山崎ワイナリーさん、アメリのフランボワーズ・濱本農園さん、
勝手に応援してる由仁町食用ほおずき部会さん、
などなど、本当に皆さんにお会いできました。

というわけでたいそう楽しませて頂いたのですが、
ひとつ気づいたことが。
事前の懇談会は、「もっとお話のやりとりができればよかった」
という感想もちらほら。
個人の粘り強い努力でここまでこられた生産者や使い手の方ですから、
消費地の「食」と「売り」のプロのみなさんと、
もっともっとディスカッションしたかったのかも。
そんな思いが形になるまでつきあうぞ~という流れになっているのだと思いますので
これからも注目しています。
例年以上に(だと思う。去年よりずっと熱かった)申し込みが殺到したという今回が
イベントでなく毎年続いて実りにつながりますように…。
皆様お疲れ様でした、ごちそうさま。
私もよい「つなぎ」になるようスローにがんばります。



関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます