RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。甘系、加圧系もあり。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    Facebook始めました
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。

    あと…どなたか
    履歴の折り畳み方教えて~
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03
05
Category : sweet
上川美人Sさんを頼っての、旭川甘いものツアーです。IMG_8894.jpg

IMG_8985.jpg

甘さ控えめのふっくら粒あんがおいしい、ピンクの薄皮「桜まんじゅう」は
以前、福居製餡所さんに電話で教えて頂いた老舗「むらこし」製。
まるで、なごり雪に映る桜のよう…
こんな素敵なお菓子に出会うと、なんだか自分もロマンチックになってます。
笹に包んだ麩まんじゅうの中は、うす紫にさらりと漉した上品なあん。
道産品種は比較的色が赤いものが多いように思いますが、
このこしあんの色は、地元上川農試の品種「しゅまり」ならでは。
お節句だけの生菓子は、お内裏様。
IMG_8969.jpg

お節句といえば、蓮華の形にちぎった草しんこに
花しべを飾ったひちぎりの見本がありましたが
昔から道明寺と焼皮の二種つくっていたという桜餅や、
男山酒造の麹で作る酒まんじゅうが忙しく、この日はありませんでした。
IMG_8885.jpg



シェ・イリエは写真が撮れないほどのお客様!合間を縫ってお顔を見せてくださったシェフ、
ありがとうございました。はじめて頂くこのお店のミルクジャムは、とびきり風味が濃い!
原料であるミルクのもとも、訪ねてみました。
IMGP9821.jpg
クリーマリー農夢、佐竹さんの牧場。
先週、入江シェフといっしょに「ズームイン!スーパー」に出られたのですが
見逃してしまいました。(やっぱり私です…<シェフ)
牛は6頭きり、でも餌、人手、コスト、牛の健康と幸せを
トータルで考えた酪農が実践されています。
清潔で、よく乾いた干草のいい匂いがする牛舎は、
06年に行ったベルナールさんのヤギ舎に、小さいながらよく似ていました。
餌はサイレージなし、干し草と穀物。配合飼料は、混ぜてあるエタノール原料の
大豆の栽培履歴がないとわかって使わなくなったそう。
次代のホープは、今まで出会った中でもとびきりの美人でした。IMGP9810.jpg

寒いけれど明るくゆったりした牧舎でお話を聞いていると、
家畜、という呼び名に違和感を覚えるほど、
ここの牛は飼い主と家族のように、一対一のつきあいを結んでいるようです。
オーストラリアで大規模な牧畜を学んできた佐竹さんが挑む、最小単位の酪農。
帰国したあと、日本のバターが食べられなくて自家用に作り始めたという
クリームやバターなど一次加工品は、価格は市販商品の何倍もします。
それを買い支え、使い支えるお菓子屋さんがいる、旭川ってすごい。
(牧場内にある、素朴ラブリーなお菓子屋さんについてはまた後日。)

食材選びの基準は、おいしいから、求める味に叶うから。そう思いながら、
自分の居場所で「つながり」を食べるという、地に足の着いた幸せに目覚めてみれば
こんなにも心が落ち着いて、迷いが消えていく。
いつか2つの考えが一致する「バニシングポイント」は来るのでしょうか。
またもや考えさせられる私でした…。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。