RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。製菓と製パンも得意。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。
    facebook あり〼
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03
31
Category : 未分類
IMGP9951.jpg

先日上川でお会いした金田さんという社長さんから、ビートでできた黒糖を頂く。
黒砂糖だけど、サトウキビじゃなくてビート。
むかし製法なのでキビ砂糖みたいな酸味と、さらに独特のほろ苦さ。
匂いもキビとは違う。
まだこれから改良していくらしい。

畑を走ると、春も秋もみょ~に色の濃い、立派な葉っぱが植わってる。
それがビート。別名てんさい、砂糖だいこん。
精製してお砂糖にするもので、そのままでは食べられない。
だから八百屋さんには売ってません。

ミネラル豊富で風味の強い黒糖は、キビ砂糖でしかできないの?
砂糖工場の話を聞いて、かねがねそう思っていました。
ベルジョワーズみたいなお砂糖が北海道にあれば、もっとおいしいお菓子ができるのに。
(キャラメリゼに独特の香ばしさ…やっぱり北海道だ。なんて原稿書きたいね!)
そこで農家のお話を聞いてみると、昔は自家用に煮つめて甘味にしていたそう。
それを面白いと感じ、再現しようと思った金田さんたちの目線が
いいなあ~と。

大手メーカーでは、ラインの都合上精製してから蜜を戻すと聞きましたが
その後商品になったのかな…??
金田さん、フランスの個性的なお砂糖メーカー、ぜひ見てきてください。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

「道産ベルジョワーズ」いいですね!
是非実現して欲しいところです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。