RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。製菓と製パンも得意。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。
    facebook あり〼
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04
04
Category : nonsweet
先日に続き訂正をひとつ。
朝日新聞の連載、月曜夕刊でなく朝刊です、ごめんなさい。
のんきですなあ…(反省)Wデスク、すみません。
IMGP9973.jpg

↑いつもの「おぼろづき」。初めて食べた時、本州米の味がするなあと思いました。
(そんなん言ったら怒られるのかな?)
「アンの店」で無酸処理のオホーツク海苔といっしょに買います。

IMGP9949.jpg

↑2番目のはお友達から頂いた別の産地の「おぼろづき」。

1は粒がさほど大きくないけど、揃っています。
炊く時は水を気持ち少なめに(低アミロースだよ)。
でも秋の新米のときよりは若干多い方がいい気がします。
テレビで「浸水不要、お水少なく、早炊きモードで」って紹介していたけど
そこは農産物、やっぱり自分で加減を見ないとね。

2は粒が道産米の中では大きくて立派。水加減は1同様。
炊く時のいい香りはあるけど若干弱めかな、でも十分おいしい。

いつもは一袋食べきってから次を開けるのですが
(ホントは切らしそうになって慌てて注文、なので必然)
比べてみたくて贅沢しました。乾燥するからよくないよね。

おぼろづきは前にもう二種ほど頂いたのですが、割れが多かったり
水加減が難しかったりしました。
1のは有機の畑作りが長いグループなのと、
精米~乾燥の具合が上手。一日の長あり、かも。
佐藤初女さんのおむすび講習会でも使われていたのを思い出します。
おむすびをラップでなく、薄手のおしぼりタオルでくるむのは
すっかり定着しています。蒸気がほどよく抜けて、冷めた時とってもおいしい!
竹の皮よりいいくらいです。(人前で開ける時驚かれるけどね)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。