RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。甘系、加圧系もあり。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    Facebook始めました
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。

    あと…どなたか
    履歴の折り畳み方教えて~
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07
31
Category : sweet
IMGP0284.jpg

先々週。我が相方でもあるまうのすけ画伯が、一粒210円のボンボンショコラを見て
「チロルチョコ21個分!」と驚くマンガを描いたのだけど、
コンビニのチロルチョコしか知らない方は「21円だから10個でしょ?」と
思うのでは…と心配になって、担当氏と相談。
結局10円と21円のがあるのだからよし、としたのですが
その後担当氏が「チロルチョコの製造元は北九州が発祥のはずですよ」と。
(担当氏は九州とか香港とか、いろんなくにを経由して北海道へ到達した京都人なのね)
旧産炭地に物資が集まった終戦直後からの、お菓子メーカーの生い立ちがここにも、
なんですね。
(またあとで書きます。)
北海道でいうと、歌志内炭坑、夕張炭坑が栄えた頃のなごりを感じる
砂川スイートロードも、そうかしらん。
あれ、夕張の銘菓は何だったかな?ピュアゼリー以外には浮かばない。
不見識ですみません。

しかし、「行ってまで食べたいお菓子」は、正直言ってありません。
(今日は辛口だな)
チロルチョコは、持ち味の「ちっちゃな面白さ」をとことん磨いて全国区。

農産地で取材するといつも感じるのだけど、
お土産菓子の場合にかぎると、「地元産素材だから、いい」なんて無責任なほめ方はできません。
おいしくて、地元のストーリーが込められていて、
そこにちょっとでも共感できる、楽しいと思えるもの。
身近な味の中にもヒントはあるはずです。
といいつつ、小樽以外の企業が盛り上げる小樽・堺町に行ってきます。
「北海道じゃらん」ヒロ中田編集長が以前「4大スイートロード」と銘打った中で
時が経ってみれば、横並びの事業ではなく「競い合い」が成立している小樽が成功しているのか…。う~~ん北海道だ。
今までの体験で、ちょっぴりわかる気がします。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

セブンで衝動買い

これ! 塩バニラ! 昨日子供とセブン-イレブンに行って、レジで衝動買いしました。
まだ食べてません。
あとでこころして食べます。

つまりはキッチュなホワイトチョコの真ん中に塩味のグミ。ぼかー、大好きです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。