RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。甘系、加圧系もあり。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    Facebook始めました
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。

    あと…どなたか
    履歴の折り畳み方教えて~
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08
07
Category : sweet
IMGP0100.jpg
千歳市の森の中のフレンチレストラン。
併設カフェ「ハーモニー」の、目の前の森で採れた根ミツバの香りのクッキー。
驚かれるかも知れませんが、自家製グレープフルーツピールが細かく刻み込まれて
柑橘のほろ苦い清涼感に青い葉の香りと味が無理なく調和して、おいしかった。
食べる前は「?」だったのですが、ミツバをハーブとして捉えた、見事な着地です。

ところで野菜スイーツ、東京と北海道では、まったく捉え方が違うようです。
完成度の平均点の差はおいといて、それ以外の面でも。

街の野菜スイーツは「意外性」「ヘルシー感」「清らか感」なのだけど、
こっちの野菜スイーツは「ご当地感」たっぷり。ごもっとも。
秋になったらカボチャとお芋満載で「野菜スイーツ」でござい、と
なるのが今から目に浮かびます。(…別にいいんですよ!別に!)

新しい物を作る時は、そもそも歴史のお勉強が意外に近道だったりするものですが
考えてみれば和菓子だって、すでに野菜スイーツ。
先日、大阪府立大学の「野菜の遺伝子」の先生、キャセロール加藤氏ほか諸氏と
加藤氏の百合根のモンブランをつつきながらお話ししたのですが
「あんこやきんとんのように、でんぷん粒子のざらつきを味わうのは、アジア特有」だそう。
白人系の人に、豆が甘いなんて…と驚かれたこと、そういえば結構ありました。
加藤さん「そういえばエルメが小豆をピュレにしたときも、フランスでは不評だった…」
あ~そうか。トラヤ@パリにもあったよな…小豆の味がわからないほど色々混ぜたのが。
でも、アメリカは結構やりますよね。キャロットケーキにズッキーニブレッド。
ケイジャンとか南部の影響か。
カボチャパイも、アメリカが一番よく食べる。
土地付きの素材を食べる+年月の洗練=銘菓 となればいいのにね。
いっそ北海道の野菜スイーツ=道産小豆のあんこ菓子!と言ってみるとか。
(わけがわからなくなってきました)

北海道小豆の伊勢赤福、北海道たらこの博多めんたい、
好きだけど、こちら岸から見ると、ほんと歯がゆいよなぁ…。
ただ、集中取材してみてわかったのは、
ルバーブはたぶん東京以上に使われ、かつ食べてます、北海道。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。