RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。製菓と製パンも得意。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。
    facebook あり〼
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08
10
Category : 未分類
IMGP0340.jpg
梅雨の時期を思わせるような蒸し暑さです。
しかも一日一回は雨が降る。参議院がネクタイ着用になってお気の毒。
ていうか、それより先にやることがあるでしょう!(暑いのでよけいに怒)

今日は取材の後、雨に降られて逃げ帰りましたが、
その前にえりもの高橋さんに、三吉神社の角でばったりお会いしました。
短角牛のお仕事で、sagraの帰りだったそう。
えりも岬の見渡す限りの草地で育つ放牧の肉牛。
ガツッと旨みがあって、ステーキもシチューも最高。
家で贅沢するとき、決まって買う食材です。
もちろんスーパーのお肉よりずっと高いのですが、
食物連鎖を考えれば、野菜より肉を食べる方が贅沢であることは間違いないので
高くてもいいのだ。
霜降りは食べられない気味(特に安いのは口の中に膜が張るよ~)
となると、たまに牛が食べたくなっても
スーパーでおいしいバラ肉とかはなかなか手に入らないこの頃。
高橋さんの牛は、助かる食べ物のひとつです。
あとはロースやフィレだけでなく、くまなく使う優秀な使い手が、もっといれば万全。
今はレストランのシェフがパテやソーセージなどに使うことが多いのかな。
短角牛を思い出すと、magariとか葡萄酒倉庫に行きたくなりますね…。
お家で贅沢したい方、タフガイな昆布漁師でもある高橋さんのHPはこちらです↓
http://www.erimotankaku.com/

今月は、もう一カ所の短角牛を見にいけるかも。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。