RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。製菓と製パンも得意。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。
    facebook あり〼
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2008.01
17
Category : つながり
IMGP0185.jpg


every取材先のこと。
幸いにも、取材断られたことは北海道に戻ってからほとんどない。感謝。
去年は小さな取材をひとつ断られただけで、好きな人に振られたくらい凹みました。
当然ながら向こうは何とも思っていないのだが、こちらは瞬間愛。
瞬間ですが本気でくどき、本気で褒めます。
ものさしは価格帯満足とか、楽しさとか心意気とか色々ですが、
どんなものさしかは読者に明示して褒める。
取材の後、持ち帰って書いている間も相手のことを考えている、
その時間の分だけ、片思いなのかも。

そんなふうなので、11月に「ペシェ・ミニョン」中澤社長が亡くなった時も、
心残りがしばらく続いた。
何かにつけ思い出し、9月の最後の取材の際の会話を振り返り。
口は悪かったけど、日本で洋菓子を追求する時だれもが味わう矛盾に、
地方に根ざして立ち向かう人だったと思う。
保守的な函館で、迎合せずにフランス菓子の味を客に教えてくれた。
現場は今まで通り盤石だから、変わらずいい店であってくれると思います。
いや、もっともっと、今以上によい店になってもらわなくては。


鴨と、ゴシゴシきれいにした皮付きキタアカリをかつおだしでさっと煮る。
ぐぐっとくる味が食べたくて。
M君、去年はゆず、ありがとうでした。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

aaltosann

aaltoさん、そうなんですよ。
ご葬儀は道内外のパティシエさんたちでいっぱいでした。残念ですが、これからも応援します。

しかし体重問題はなんとかせねば!

やはり、ペシェ・ミニョンの社長はお亡くなりになっていたんですね。
母に聞いて、噂だけなら良いと思っていたんですが・・・。
お正月。函館、丸井さんのコーナーは元の主亡きあとも賑わっていましたよ。


カラダに気をつけて、いい取材をしてね☆