RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。製菓と製パンも得意。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。
    facebook あり〼
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02
06
Category : sweet
IMGP0318.jpg
オーバーワイスのラウンドボックス、素敵です!
今日のお供、久々公休のパティシエールは同じデザインのスクエアボックスをお買いあげ。

きのうに引き続き、甘いもの好きの新年会のごとき様相の会場で
またもやサロンドテへ。今日のセレクトは…

オーバーワイス(マール漬けの白レーズンinアルザス白ワイン入りガナッシュのトリュフ)
ジロット(おなじみパートドフリュイのボンボンの花シリーズ"Senteurs"から、
ローズ&フランボワーズ)

30分セミナーは、昨日から来札中のエヴァン氏とフェルベール氏。
フェルベールさんはQ&Aで「パティシエは情熱的な職業。
常に自分が好きだと思える素材で大好きなものを作り続けるべき。
そしてお菓子が愛されることで、ますますパワーを得て循環するのです」
春はParque(パークと発音していた)のウサギや動物の赤ちゃん、卵のショコラ、
冬はパンデピスほかクリスマスのお菓子とクッキー。
果物の旬以外には、どんなふうにお仕事しているのかな?(本では見ているけど…)
と聞こうと思ったら、ちょうど1年の流れについてのお話になった。
「5月から9月は果物をふんだんに使ってジャムとお菓子を。
秋から春はみんなショコラを食べたくなる季節なのでそちらをたくさん作ります」
「新年の頃はトロピカルなフルーツをよく使う」
ユズには何を合わせたい?の質問には
「他の柑橘類、マンダリンやオレンジと合わせて。また、熟したミラベルの、
時にバターのようにまったりした味にも合いそう」とのことでした。IMGP0309.jpg

今年のテーマ「虹」に合わせた6色のコンフィチュールの内4種と、
ラベンダー&コショウのボンボン、
パンデピスを交互に試食。
我が連れのパティシエールには
「愛されるお菓子を作り続けるうち、自分の人柄も愛されるようになるのよ。がんばって!」
とメッセージ。
北海道の女性職人さんみんなへの励ましです、嬉しいね!

エヴァンさんは子どもの頃空手を習っていたというエピソードを披露。
日本語にも積極的です!
IMGP0315.jpg

フィグの種を残したコンフィ
カカオ以外にも、ミルクやバターも常に探求を? 
「そう、いつも。で、水準以上のものはたくさんありますが、そこから頭一つ抜きん出たものを
見つけるのは本当に大変!」と厳しい表情になっていました。
エヴァンさん、講習会を北海道で! (ムリか…また妄想だ)
当ブログにも時々コメントくれる帯広のパティシエールが、現地のお世話係をしていました。
しんむらさん、エヴァンに会えたかな?
かくして、仕事を忘れた(いえ、勉強です)半日が過ぎました。
あすもチョコレート取材。
カカオは癖になるので、明後日の朝が心配だ…。

カッセルが大好きで、今年もまた買いました。ルレデセール会長!
ルレデセールセレクションBOXを忘れてた!あすは三越だ…。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。