RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。製菓と製パンも得意。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。
    facebook あり〼
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04
16
Category : くだもの
IMGP0148.jpg
引き続き寝不足です。
洋梨の缶詰って、おいしいものはおいしいし、「普通」のもたくさんありますね。
書いてて「きれいな人はさらにキレイに、そうでない人もそれなりに…」って
古~いCMを思い出しましたが関係ないです     ←壊れ気味
3月末に、「道産素材研究」第2回として
新潟産vs.フランス産(サンマメ) の洋梨バトルをしました。
…本当はケイクデボア森さんのおつながりで来道されたエルレイジャパン竹内氏が
販売している国産缶詰がとてつもなく旨い!というのを聞きつけ、
急遽お話を伺ったので、こちらで準備した趣向ではなくお願いしたものです。

IMGP0149.jpg

コップの中身はシャンパン…ではなくて缶詰のシロップ。
困ったことに、おいしい。洋梨の芳しさがちゃんと移っています。
酸と砂糖しか表示されていないので、きっと梨そのものの香り。
「加工が付加価値を生む作物と、そうでない作物を見てやらないと!」という
正しくかつ耳の痛いアドバイスを頂きました。

お仕事で見聞きする経験上、
「売り」を考えずに作られたものを後から売るのはほとんど無理。
相談された時はすでに遅く、(先に考えとけばいいのに…)と思うこともしばしば。
だけど、ここにある結構まっとうな食べ物を生かしきれない歯がゆさに、
自分もつい同じ轍を踏みそうと、わかっていてもそちらへそちらへと(苦)。

現実にはマーケティング論100%で大成功、なんてレアなのだから、
まずぶち当たってみましょ。
今度はプルーンやベリーのセミドライを試そう。楽しみです。

ちなみにこの洋梨缶、新潟県のたった一軒の農家製。
ル・レクチェを栽培~追熟まで見守ってから分割加工を地元で委託し、
シロップの味などもご本人が考えたんですって。 やればできる、のか…。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

ル・レクチェの缶詰なんてあるんですねー
缶を開けた途端にあの芳醇な香りが漂う様が想像できそうデス

寝不足のようですが、お体をご自愛下さいませ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。