RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。甘系、加圧系もあり。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    Facebook始めました
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。

    あと…どなたか
    履歴の折り畳み方教えて~
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10
05
Category : パン
IMGP1039.jpg
8月末、旧・白滝村のfu-sora というパン屋さんへ取材に伺いました。

大阪から移住したご主人は、テレビで、スイスの田舎のパンづくりを見て、
「自分ちの麦を粉にして、それでパンを作るのが原点なんだ~」
と衝撃をうけたそうです。それで「自分の麦でパンを焼きたい」と。

「パンのうしろに、農業があって粉屋とパン屋の仕事がある」
だからパン屋が粉も、でもなく、農家がついでにパンも、でもなく、
パンづくり、小麦づくり、粉作りは同じくらい大切な、同等の関係。

奥さんが山葡萄をスターターに、小麦で継いだ酵母のパンは、素朴でおだやかな味。
原料は、農家と粉屋の代わりを一手にやるご主人が支えています。
新米農家だけど、パン用に栽培し
(たとえば、普通の農家では等級が下がるので嫌う灰分を高くしたら?とか)
小さな粉屋さんだけど、ふるい分けていろんなタイプの粉をつくり、
パンの味とバリエーションを助けています。

逆に粉の調子がばらついたりしても、パン屋が目の前にいるから調整しながら使いこなしてくれる。
「お互い様で、ゴールのクオリティを安定させようということです」と
ご主人が教えてくれました。

HPから通販があります。
カフェスイーツ10月号11月発売号の出会いでした、お世話になりました。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。