RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。甘系、加圧系もあり。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    Facebook始めました
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。

    あと…どなたか
    履歴の折り畳み方教えて~
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11
30
Category : チーズ
IMGP0508_20081130011428.jpg
11月中旬、道南は森町。
ブラウンスイスと山羊を飼い、チーズを作る山田農場へ。
チーズ実習の方々に連れられ、
函館の乳業メーカーでチーズを作るI君の電話ナビで何とか到着したのは夕暮れ時。
大沼駅から山への一本道を通りながら「ここはワネザキのあんパン工場があったな~」
なんて、子どもの頃のスキー遠足かなんかを思い出しながらの道でした。

若い山田夫妻は小さな息子さんと3人、小さな丘の裾に家と畜舎、チーズ工房を手作り。
急な斜面をみて「放牧の前に草地づくりが大変だったのでは?」と聞くと、

入植したころ笹に埋まっていた丘は、牛と山羊の蹄が耕し、
穀物餌を控えるのでお腹をすかせた牛と山羊は、冬に笹の芽を食べ尽くした。
その跡には、ずっと以前の土地の主が蒔いたらしい牧草の芽が吹いた。

というお話でした。
草地放牧、蹄耕法…若い実践家のチーズです。
山羊チーズ、かなりがつんと来ますが、
ホロホロともろいチーズの組織(っていうのかな)がとてもフレッシュです。
ここに茶色い山羊を連れてきたら、サヴォワのベルナールさん家とそっくりの景色だなあ…
などと話しながら函館へ。
(あ、牛のチーズもあります! が、時間をかけて山羊にシフトするかも、とのことでした)

函館では懐かしの五島軒にて、チーズを味わう「アルパージュの会」へおよばれです。
私にとっては珍しいスペインのチーズ各種、
仕事も趣味もチーズ、のような熱意あふれる会員さんが作ったチーズが面白かった!

会場では私にとって“函館グルメ王”である三桜Oさん、(二次会ありがとうございました!)
「こなひき小屋」の親方にも嬉しい再会。
(親方…ここに来て下さってるコメント主さんだったことが判明…)
こんなマニアな会がもう18年目とは、驚きです。
今回初めてお会いできた山本会長の、熱意と仲間づくりの素晴らしさなのでしょうね。
聞いてみたいことがいっぱい、いっぱい。
またお会いできるよう願ってます。

前日のせたなへの立ち寄りは、また別の日に。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。