RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。製菓と製パンも得意。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。
    facebook あり〼
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07
04
Category : 未分類
季節の話題として定着したかなあと思う、
さっぽろの消え行くイチゴ品種サトホロ。

今年も桜井農園に連れて行ってもらい(私に強引に誘われたみなさんに)、
肺が赤くなるまで熟したイチゴの香りを吸い込み(イチゴ浴)、
そしてまたもや苗の扱いがなくなりそうな話を聞く。

品種が出荷用に向かないため、
農家は軒先で売る量だけ作る。
ジャムに最高!とファンになったお客もろとも、じわじわ高齢化。
病気にも弱めで、畑を他の品種に譲る一方。
苗が売れないから、もうやめないと採算がキツい。

そんな困ったサトホロが、どんなに赤く濃く甘酸っぱいかは、
円山動物園やマルヤマクラスのジェラテリア、レ・ディ・ローマで確かめてください。

この商品の原料は、桜井さんと地元札幌市農協南センターが支えていますが、まだ足りないくらい売れてます。苗の自家更新に、誰か技術革新を下さい。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。