RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。製菓と製パンも得意。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。
    facebook あり〼
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.03
11
Category : 函館
3月、忘れたくても忘れられない日がやってきました。
毎日すべきことをする健康さを保つことは、大事ですね。
ただ、前と違うのは「黙っていては賛成と同じ」と思い知ったこと。
できることをする。という言葉の意味は、以前とは違っています。

そして、不思議なことに 311以前から感じていた気持の澱のようなもの
~たぶん慢性的不景気や孤独な心が増えていることへの「こんなはずでは」感~ を、
隠し持っていたのは自分だけじゃないと、あらためて知ったような気がします。
311で動いた自分の気持の原動力のうち、幾割かは「自分の心のやるせなさ」ではないかなあと。
理由はどうあれ、チャリティでなく「自分ごと」として続けられるスタイルで、続けます。
ケーキ屋さんにとってのイチゴ再生支援も、そのひとつです。
地域のものを食べること、おいしくして売ること、それを知らせること。
最後はみな、ひとつになるはずです。
その時が来るのを、ひそかに
「vanishing point」と呼んでいます。IMG_0709_convert_20120311142625.jpg


閑話休題。

函館スタッフは、学会本体のほか、
道南食材見本市の準備に追われています。
いろいろな食イベントに、単にマルシェを付設するのはもう見慣れた感がありますが、
こちらは道南の農水産物、ワイン、チーズや肉などの加工品を展示して、
料理人たちに「自慢する」のが主な目的。だから直売というより、展示のほうが主になります。
出展者の皆さん、おもいっきり「見せびらかして」くださいね!


発表者の準備はどうなっているのかな?
プログラムがまだまだ進んでおらず、焦ってきました…。

(報告になってないですね…スミマセン。)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント