RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。甘系、加圧系もあり。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    Facebook始めました
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。

    あと…どなたか
    履歴の折り畳み方教えて~
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.08
17
Category : others
「あのブーケのバラの名前は?」
植物ネット友達に聞かれて、移動中に調べたら、とても面白かった!

*******
2012オリンピックでメダルと共に贈られた、ビクトリーブーケ。
英国の人気フローリストJane Packerのデザインだそうです。
jane-packer.jpg
© Jane Packer

添え物を排して花だけを半球型にまとめるのは、ヴィクトリアンと呼ばれる伝統の英国スタイル。
そこへ今回のオリンピックロゴの4分割のデザインを取り入れ、
4色のバラ(黄:イーリオス、オレンジ:マリークレール、緑:ウィンブルドン、ピンク:アクア)を
香り高い4種のハーブ(イングリッシュラベンダー、ロースマリー、アップルミント、麦の穂)で区切り、
ロゴ入りのテール(長く垂らしたリボン)で仕上げます。

この小さなブーケに課せられた条件は
「すべて英国産かつ地元農家の手によるもの、花もハーブもリユース可能、完全リサイクル包材」でした。
花農家はイギリスでも年々減っており(欧州にはライバル産地がいっぱい)、
しかも開催期は端境期、と逆風ばかり。
結局この時期特有の花材にこだわったデザインになったのだそう。

計4400個の制作は、開催地の専門学校や地元企業が担当。
資源保護に配慮し、花は再使用可能なプラスティックバケツに最小限の水を入れて運搬されました。
畑からアスリートの手元まで、わずかに3日以内。新鮮だから冷蔵施設も必要ありません。
また、バラの二番花は期間終了直後から一般に売り出されます。

source : Bonnie Alter Treehugger
(記事と画像を引用したものに補足しています)

花だって農作物。だから花ビジネスも、環境にしっかり配慮して、共に持続性を目指すんですね!
two-jane.jpg
© London 2012
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。