RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。製菓と製パンも得意。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。
    facebook あり〼
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.04
13
Category : sweet
IMG_7623s.jpg

和菓子好きです。(洋菓子はもちろんですが)

上あごに懐かしい食感を残してゆっくり甘く広がる練り切り、
ぽったりとみずみずしく、究極のモダンデザインにも見えるきんとん、
自然薯の力で、メレンゲよりも繊細なしっとり生地になるお饅頭、
赤ちゃんのほっぺたよりも柔らかな練りたてのぎゅうひ。

でも…小さな和菓子店は洋菓子店以上に大変です。
原料の小豆は価格が不安定で、国産の良品は量も限られています
(今は関西でも道産が主流なんですよ!)。
日持ちしない品が多いうえ、ケーキよりずっと単価が安い。

写真は取材で出会った女性職人、松倉さんのお菓子。
タウン誌でおなじみの、女性ひとりで入れる定食屋さん「pippin」の
テナントです。
普通より5グラムほど小ぶりなのは、「もう一種どうぞ」の気持ちから。
松倉さん、私が和菓子の道産素材のことを教えてもらっている
「三恵堂」さんで修業されたとわかって、一層嬉しくなりました。

こんな形で和菓子が親しまれていくのなら…と頼もしく感じました。
掲載はカフェスイーツ6月6日号です。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

はじめまして

マー君と申します。自由市場の文字から検索してこちらにたどり着きました。まだ、数ページしか見せていただいたいませんが。お菓子を取材なさるお仕事なのでしょうか。札幌在住ということもあり興味深く読ませていただきます。次回は、じっくりと見せていただきますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。