RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。甘系、加圧系もあり。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    Facebook始めました
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。

    あと…どなたか
    履歴の折り畳み方教えて~
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08
09
Category : nonsweet
shiroku2.jpg
先日白糠で会ったゆきちゃんつながりで「しろくま」さんへ。

ある通人が通うと噂を聞いて、penの取材をお願いしていたところ、
白糠「茶路めん羊牧場」武藤さんから「一番卸しているのはこの店」と聞いて
偶然におどろいた次第。

かたじけないが、美味しく頂きました…。上質な大きめラムと、
鮮度が勝負のハツ、タン、レバ。
きれいでおいしい、は、鮮度管理や扱いの確かさを生産者みずから確かめるまでの
時間をかけた取引関係と信頼があって、はじめて皿の上に届くのです。
各種モツをひと串に盛り込んだのは、一頭買いして自ら捌くスキンヘッドの店長さんからの
「全体をおいしく食べて羊を知って欲しい」というメッセージ。
ジンギスカンの生肉も産地別に、各部位の盛り合わせで出されます。shiroku.jpg
きわめつけはシメの定番、コマ肉やスネを美味しく食べる「ひとくちカレー」。
ビアガーデン期間中なら、行列なしで入れるかも…?

2008.06
28
Category : nonsweet

過日の十勝取材で、浦幌町においしいそば店に出会いました。
例のごとくタイトなスケジュールの中、(カメラさんにレンタカーの運転を押しつけ)
距離感がいまいち不確かなまま200キロドライブ。
お昼もノープランで、浦幌のかわいい女子職人に尋ねると、
「わが町ではここがおすすめ!」とのことで直行。
こういう返事のもらえたときって、打率高いんだよね(^_^)
住宅街の中の自宅ショップですから、見つけにくいことこの上ないのですが、
お近くにいらしたらぜひ。

ざるもかけも生粉打ちで、角の立った、でも十分しなやかな味のあるおそばでした。
(地方だと、麺が良くても汁が甘かったりするんだよね…)なんてのは杞憂に終わり、
キリッといい香りのつけ汁、かけのほうもカツオの鉄臭さもない
全てに嫌みのないお味でした。
IMGP0649.jpg

TVの「家族に万歳!」みたいなご一家総出の自宅改造そば店「生粉打ち そば屋」さん。
またぜひ行きます。

その後寄った浦幌の菓子店「ニシムラ」では、町内の無農薬黒豆をまるごと挽いて焼いた
豆の香りをちゃんと感じるしっとりロールケーキが◎でした。
やるね~若手女子!IMGP0651.jpg

こんな卵に出会って、皮膚が卵に反応してしまう人が大丈夫になった…という
嬉しい話も聞けました。(あまりにもピンぼけなので、必要な方のみご覧を…)
IMGP0652.jpg

2008.05
01
Category : nonsweet
IMGP0358.jpg
A子さんのお土産。
麻布十番・たぬき煎餅のミニ版があるとは知りませんでした。
ちゃんと親玉と同じ形をして、これで一袋に包装してあります。
海苔あられの位置づけが謎ですが、集まるとなぜか楽しい。
2008.01
19
Category : nonsweet
IMGP0195.jpg
十勝・音更産エリモショウズ(小豆)「雅」(ブランド名)を
炊いて蜜の中で冷まし、
ちょっと塩が入った草のしもちを焼いた先日。

餅好きAいわく「つきたてはからみ餅に限る」
↑のしもち食べながら言うな!

またBいわく「鍋のシメは焼き餅」   煮ちゃいけないんだ。

さらにCいわく「有塩バターと上白糖ください」  
↑溶けきらずややざらつくのがいいらしい。

そうですか。
そういや暮れに久々の女子鍋をした時にも、ゲスト男子が
ダレたお餅の肌に春菊やなにかがくっつくのが許せないらしく、
銘々皿に焼き餅をとって鍋のお出汁を後がけしていた。
意外に繊細だのう。

私はかつおだしに白味噌を二度漉して白いお餅を入れたいです。
お茶事にずいぶんよばれていないせいか…。
およばれより自らやるほうがさらに楽しいが、う~ん…。
2008.01
08
Category : nonsweet
IMGP0169.jpg
T君からの頒布、ごちそうさま。
長沼町の生産者の方が育てたと聞いた生ラムのモモ、先日おいしく頂きました。
1.5キロあったので半分は塩ハーブ水につけてベランダで熟成。(=北国の冷蔵庫満杯対策)
ガッツリ系好きの家族はこちらに感動していました。
ローズマリーよありがとう、な強さでした。
Oさんが分けて下さった、十勝のジャガイモ、きょうはキタアカリとインカのめざめ。
食の文化遺産=アルカにも登録されたタマネギ「札幌黄」。(熱すると甘いんだ~)
ラムローストの添えに、どちらも黄色く焼けて存在感抜群。
熟成した肉の味に、去年の秋のオータムチェリーのジャムが酸っぱくてよく合う!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。