FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

slowfood+sweet tooth

農家・料理人・お客をつなぐ食業界記者。製菓と製パンも得意。

プロフィール

darma

  • Author:darma
  • illustrated by Yo-kong


    「作り手・使い手・食べ手をつなぐ」
    物書き&仕掛け人です。
    お仕事のお問い合わせはオフィスYT
    sonokof0717@yahoo.co.jp までどうぞ。
    facebook あり〼
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.11
18
Category : sweet
今年も(いや例年カバーしていませんでしたが…)
ジャパンケーキショーの速報が出ましたね!
このコンテストでは、各部門賞の中からグランプリが選ばれ、日本代表としてアジア大会に出場なさいます。
以下。
●トップ・オブ・パティシエ・イン・アジア2014
優勝 須藤 真裕さん 名古屋マリオットアソシアホテル
グランプリ「味と技のピエスモンテ」部門 佐々木元氏 パティスリーキャロリーヌ
準グランプリ「味と技のピエスモンテ」部門 石黒啓太氏(株)シュッティヤナセ

そして以下は、北海道からの受賞者の皆さんです。
▪︎ ピエス・アーティスティック部門
銅賞:田口 陽一さん 石屋製菓(株)
▪︎マジパン仕上げデコレーションケーキ部門
金賞:川端 真理さん 札幌ベルエポック製菓調理専門学校
銀賞:大城 香織さん(有)パティスリーダンデリオン
銅賞:金谷 望さん ケーキショップあかね、原田 理華さん (有)パティスリー ダンデリオン
▪︎小型工芸菓子部門
銅賞:梅本 茄奈さん、中川 未由希さん、橋本 亜依さん、八代 真秀さん すべて(株)柳月
▪︎グラン・ガトー部門
銅賞:松澤 真希さん (株)わかさいも本舗
ジュニア部門(エコール):
銅賞:中田 菜津海さん 札幌ベルエポック製菓調理専門学校
▪︎国内産米粉を使った洋菓子部門
金賞:古田 義和さん パティスリーフレール

着実に入賞していますね〜!
柳月のメンバーは工芸菓子に注力し、例年の北海道大会でも入賞の多さで注目されています。
マジパンとジュニア学生の部では、ベルエポック札幌が頑張っておられます。
こちらは、先生もかつてのグランプレミオ代表ですものね。
また、インディペンデント系(と言っていいかな?)古田さんの米粉部門金賞が光ります!
彼は粘り強くコンテストに挑戦してきた、受賞歴が多い方で、さすがに慣れています。

そうそう、9月のルクサルドでも大健闘された方がいましたね!
【第21回ルクサルド グラン プレミオ】
優勝:福江 寛幸さん〔菓子工房オークウッド〕
第2位 阿部 淳一さん〔ツマガリ〕
第3位竹田 拓さん〔パティスリー アンシャルロット〕

オークウッド、ツマガリときて、アンシャルロットですよ!嬉しいことです。
選手も、そしてご指導のシェフたちも、本当におめでとうございます!
可能性の卵たちにインタビューでもしに行きたいですね〜。


2013.10
19
Category : others
久々の更新が食の話題でなくて、ごめんなさい。
今日は自転車の話。

ここ数年、夏はもっぱら自転車で移動しています。
札幌には快適な地下鉄も、のんびりゴトゴト揺られる路面電車もある。
でも、自転車は最高。
一度覚えたらもう、こんないい季節に風を浴びて走らないなんて、ありえないと思うほど。

これが嵩じて裾の気にならないハーフパンツ姿で打ち合わせに行くようになり、
ついにはこんな格好でスミマセンとも言わなくなって、ずうずうしいことこの上なし。
(何とかしたいと思うのだけど、レディース用バイク通勤ウェアってあまり見かけないし、
職住一致が大きな魅力のまち札幌には、ちょっと大げさなんだよね、どうでしょう?)


朝が待ち遠しくなり、自転車仲間もでき、のんびり100キロくらいなら自走できる。
何が最高って、「好きにすること」を自分に許す感じが、たまらない。

食の物書きという仕事も、悩ましい問題はあるけれど、好きだから続けていられる。
「好き」にこだわりなおす、自分自身がそんな時期に来ているのかもしれません。

……てな独り言をはさんで、
次回はコミュニティバール「バルコ札幌」のもうひとりのシェフについてのお話にしましょう。
2012.09
01
Category : nonsweet
あか牛の「キーコちゃん」に会いにいきました。

彼女の悩みは「なんでもあるけど、なにを打ち出すべきか?」という贅沢なもの。
人口5000人の町、木古内町。
古くは幕末の志士たちの軍艦、咸臨丸が惜しくも座礁した岬のあるまち。
道南杉のまちとして、美しい杉格子のある町並みをめざしています。
IMG_2273.jpg


木古内は、私にとって夏休みのイメージ。
P1160279.jpgP1160303.jpg


駅に降りたらそのまま浜へ走って行けて、陸に上がればクワガタやとれたての野菜に手が届く。
P1160271.jpg
P1160269.jpgP1160264.jpg

田んぼや漁港の景色も、「ザ・日本の田舎」! しかも本州よりは過ごし易い。
P1160318.jpg
そんな恵まれた環境を生かして、秋田県などから小学生の夏期交流が1700人も訪れるそうです。
民泊も受け入れていて、本当に楽しそう。
子どもの交流事業はまだまだ増えそうで、「夏休みの里」としてひそかなブームです。

27年開通の新幹線特需から何を学ぶか、何を得るか、きっとここが考えどころ。
P1160259.jpg

函館から車で40分だから、ドライブにもいいよねキーコちゃん!
P1160312.jpg
最近のご自慢は駅長就任と、「まんべくん」とのコラボですと…(笑)
kiko_manbekun.jpg



……ご本人登場(はこだて和牛さま)
P1160255.jpg


2012.08
17
Category : others
「あのブーケのバラの名前は?」
植物ネット友達に聞かれて、移動中に調べたら、とても面白かった!

*******
2012オリンピックでメダルと共に贈られた、ビクトリーブーケ。
英国の人気フローリストJane Packerのデザインだそうです。
jane-packer.jpg
© Jane Packer

添え物を排して花だけを半球型にまとめるのは、ヴィクトリアンと呼ばれる伝統の英国スタイル。
そこへ今回のオリンピックロゴの4分割のデザインを取り入れ、
4色のバラ(黄:イーリオス、オレンジ:マリークレール、緑:ウィンブルドン、ピンク:アクア)を
香り高い4種のハーブ(イングリッシュラベンダー、ロースマリー、アップルミント、麦の穂)で区切り、
ロゴ入りのテール(長く垂らしたリボン)で仕上げます。

この小さなブーケに課せられた条件は
「すべて英国産かつ地元農家の手によるもの、花もハーブもリユース可能、完全リサイクル包材」でした。
花農家はイギリスでも年々減っており(欧州にはライバル産地がいっぱい)、
しかも開催期は端境期、と逆風ばかり。
結局この時期特有の花材にこだわったデザインになったのだそう。

計4400個の制作は、開催地の専門学校や地元企業が担当。
資源保護に配慮し、花は再使用可能なプラスティックバケツに最小限の水を入れて運搬されました。
畑からアスリートの手元まで、わずかに3日以内。新鮮だから冷蔵施設も必要ありません。
また、バラの二番花は期間終了直後から一般に売り出されます。

source : Bonnie Alter Treehugger
(記事と画像を引用したものに補足しています)

花だって農作物。だから花ビジネスも、環境にしっかり配慮して、共に持続性を目指すんですね!
two-jane.jpg
© London 2012
2012.07
01
Category : sweet
昨年12月に出た書籍「絶対ハズさない北海道スイーツ」、お陰様で好評です。
日頃TVや雑誌の北海道スイーツ特集にネタを提供している私ですが、
カワイさにも、ふんわりもっちり感にも、徹底できないスイーツ本でごめんなさい。

でも! 召し上がれば「確かにね…」と頷いて頂けるはずです。
で、これを見た昔の同僚、齋藤さんのお声掛かりで…
(彼は食の情報サイトFood Watch Japanを運営する香雪社の社長さんです)

できました。
初の電子書籍です。

人気の北海道スイーツ完全ガイド(PDF版)
(版元のショッピングサイトへ移動します。)


電子版「絶対ハズさない北海道スイーツ」なのですが、(紙版の版元・財界さっぽろさんの快諾に感謝!)
大きく違うのは「マンガ復活」なこと。
新聞で好評だったあのギャグマンガが復活&書き下ろし追加、なのです。
もちろん情報も更新していますよ。
紙版とほぼ同価格ですが、ページ数は二倍に増量して、とってもお得です!(笑)

お店で出会ったら絶対笑っちゃいます。
恐ろしくデフォルメしているのに、ご本人を見たら絶対「あの人!」ってわかります。
お人柄が作るお菓子にもなんとなく感じられる、そこが描かれています。

取材のとき「え、どれどれ…」とか言ってスケッチブックを覗き込まれるので
私なんかはいつ叱られるかとビクビクしていたのですが、
その一方で「マンガを先方に確認する」ってのは骨のない行為だと勝手に思っているので
取材先にご説明した上で、スタッフだけで確認して掲載していました。
(娯楽モノでも、かく側には覚悟があるのです……ね、まうちゃん。)


近々まうちゃんと齋藤社長のOKが出たら、ちょっとだけお見せしますね。